税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 菅、お願い日本のために今すぐ辞めて。  

菅、お願い日本のために今すぐ辞めて。

2011 - 07/04 [Mon] - 01:06

 菅退陣の世論が日に日に高まっているようですが、中には「なぜ菅を今辞めさせなければならないのか。辞めたとしても次の総理は誰にさせればよいのか」という理由から菅が辞めなくてもよいと思っておられる方もおられると思います。

 しかし正直言って、菅に関して言えば「次が誰か」とか「震災直後なのに」とかそういった理由で続けさせるべきではないと思っています。そもそも彼が総理になってから一体何を実現したのか、彼の口から「やります」と思いつきで発言された内容のうちどれが実現できたのか、という実績と彼の政治姿勢を見ていれば答えは自ずと出てくると思います。

 つまり菅がこれ以上総理の地位にいても何もできないのです、いえ、やらないのです。彼には政治家を動かしたり、官僚を動かして日本を動かす能力も経験もノウハウもないのです。できないのです。彼が総理にいる限り、全ての事柄について無為に時間が過ぎていくだけなのです。すべてが無駄なのです。

 菅の次を誰にさせるか、という質問についても、それ自体が愚問です。「次が誰がすればよいか」と言うことが今問題なのではなく、最大の問題は「今菅直人という人物が総理大臣にいること」なのです。だから菅に今すぐ辞めてもらわなければならないのです。

 そもそも皆さんも不思議に思ったことだと思いますが、菅が昨年ハトのあとを継いで民主党の代表になったとき、その直後に行われた参議院選挙での大敗を受けて早々に党内で菅降ろしの気運が高まったことことがありました。あれを見ていて皆さん「なぜ自分達が選挙で選んだばかりの菅を降ろす必要があるのだ?おかしいじゃないか、みんなで選んだのならみんなで菅をもっともり立ててやるべきではないか?」と思ったはずです。

 実は私もそう思っていました。何と民主党という政党はめちゃくちゃな政党なんだ、と思っていました。しかし大震災のあとの菅政権の対応を見るにつけ、その考えは改まりました。つまり「菅という人間は、そもそも党内での人望がなく、党が一枚岩になって支持を受けることができるような人物でなかったのだ」ということに思い至ったのです。

 だから菅が代表に選出された当初から反菅、菅降ろしの動きが党内にくすぶっていたんですよね。じゃあなぜあのとき菅が代表に選ばれたのかと言えば、あのとき対立候補だった小沢一郎がすこぶる世間受けが悪かった時期だったんですよね。だから究極の選択で消去法的に菅に票が集まっただけの話だったのです。だからそもそも党内も積極的に菅を支持していたわけじゃないから、代表になっても相変わらず全てのセオリーを無視して暴走し続ける市民活動家・菅に対して「ノー」が身内から突きつけられていただけなのです。

 そう考えると菅という男はヒドい男ですね。政治家じゃないんですよ、そもそも。だって党内からも支持を得られない程度の男なんですからね。だからこそそんな男に総理大臣などさせていてはいけないのです。一日でも早く菅には辞めてもらわなければならないのです。

 次が誰になるかなんてこの際どーでもいいのです。とにかく菅を一日でも早く辞めさせて、菅以外の別の人物に総理大臣になってもらうこと、それが今の日本にとって一番大切なことなのです。次の総理大臣はもしかすると菅より悪いかも知れないし、良いかも知れない。しかしそれはやってみなければ分かりませんが、確実に言えることは、今の菅は「最悪」ということ。だったらとりあえずこいつだけは今すぐ辞めさせておかなければならないのです。

 菅は解散総選挙をカードに使おうとしていますが、これも卑怯きわまりないやり方。小泉の時の郵政よろしく、脱原発を有権者に問うという話ですが、別に脱原発はなんの選挙テーマにもなり得ません。だって日本の世論も政治家も脱原発という点では全て意見が一致せざるを得ないので選挙テーマにならないので意味ないのです。

 それよりも今解散をすれば民主党は100%惨敗します。それを嫌がるのを見越して、菅は解散をちらつかせることで党内の反菅勢力を脅しているわけです。つまり「解散しないで議員でいたければ俺を支持しろ」というわけです。もうやり方がチンピラのようで、本当に自分の保身しか考えない度量の小さいヤツだと思います。

 とにかく菅が総理にいればいるほど日本の国益は損なわれます。東北の復興など前に進みません。原発問題など混乱するばかりです。経済は停滞し続けます。だから今すぐ菅には辞めてもらわなければならないのです。

 こんな最低な政治家久しぶりに見ました。ましてこんなヒドい総理大臣なんてたぶん史上初めてかも知れません。2年ほど前の自民党の福田といい勝負かも知れませんが、あいつも責任を自分で取らない男らしくないヤツでしたが、菅は責任を取らない以上にやり方が卑怯でずるいことが更に悪いところです。

 これ以上日本が悪い方向にいかないために菅にはすぐに辞めてもらいたいですね。それも解散総選挙などという自爆を行って世の中をさらに混乱させるのではなく、辞任して代表選挙を行う方向で進めてもらいたいもんですね。

 選挙はもう少し先でいいです。とりあえず東北と原発の問題が一段落するまで待つべきだと思います。しかし菅には今すぐ辞めてもらわなければ日本がダメになってしまいます。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/960-a8fc1463

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード