税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 民主党、勘違いしてるんじゃない・・?  

民主党、勘違いしてるんじゃない・・?

2011 - 06/28 [Tue] - 23:54

 今日のテレビ番組やニュースからのネタばかりで申し訳ないですが、続いて政治の話。今日は朝から元自民党の某という当選一回の参議院議員が一本釣りで入閣したとかどうとかいう、下らなすぎるほど下らないニュースで持ちきりでしたね。

 もう菅のやってることはひどすぎますね。私は彼のことを「自爆テロ総理」と呼びたいくらいです。全くまわりに根回しをせず、とんでもないところでドカン、ドカンと自ら突っ込んで爆発。なんの意図もなく、まわりを混乱に陥れて迷惑をかけるだけの、ホントに自爆テロ的な政治手法です。

 まあ今回の元自民党の役立たずな議員が入閣した話は触れる必要はないですよね(笑)。どうせ菅は辞任する気なんてサラサラありませんよ。本当に卑怯でズルいヤツ。こんなサイテーな政治家って世の中にいるんですね。ビックリしましたよ。

 今日もB型肝炎訴訟で原告団代表者に菅が謝っていましたが、まるで薬害エイズ事件の時の再現。しかし絶対に解せないのはその和解金を国民全員で負担し合う、すなわち増税で解決をはかろうという姿勢。おかしいでしょうに、だって税金で和解金、補償金を捻出するのであれば、被害者達自身もその原資を支払うことになりますよ?

 なんで自分がもらう補償金を自分で払わなきゃいけないんですか?おかしすぎるでしょうに。そんなもん先日の年金問題の時に書いた話と一緒で、国が悪いって言うのなら間違った政策を推進した厚労省の役人たちや医療関係者達に自腹を切らせて資金を拠出させるのが筋でしょうに。それが「責任を取る」ということでしょうに。

 国民が増税によって補償金の負担をするのであれば全然責任を取ったことにならないじゃないですか。なんで関係ない私たちが増税されるんですか?まずは国や省庁の役人、政治家、医療関係者が自腹切って資金を捻出するからこそ責任を取ったことになるんでしょう?

 菅も自分が自腹切るワケじゃないからホイホイ和解して原告に頭下げて握手できるんですよ。それがもし国や省庁を統括するトップとしての立場として菅が和解金・補償金のうち1億円を自腹で支払わなきゃいけないとしたら、あれだけ自己保身しか考えない菅のことですから絶対に和解なんかしませんよ。結局今回の件なんか菅にとって他人事だからああいうパフォーマンスができるだけのことなんです。

 なんで罪を問われた連中が責任を取らないのに国民が増税で和解金を負担しなきゃいけないんですか。話の流れがおかしすぎるでしょうに。

 それから「菅辞めろ」ムードが高まった民主党の議員総会のあとで岡田幹事長がいった言葉。「被災地の方々は(菅辞めろなんて)全然思ってません。現地の思いと政治家が思っていることはずれているんです。」といった内容の話。

 でもそれは違うぞ。確かに東北地方被災者達は早く復興を行ってくれることを願っているでしょう。もしかしたら菅を替えたりしないで、そのままの体制で復興を進めて欲しいと願っている人も多いかもしれません。しかし日本は東北地方だけじゃありません。むしろ他の地域の方が広いし、多くの国民が生活しています。

 日本の政府や総理大臣は日本全体を見なきゃいけないんです。何でもかんでも「東北、東北」と言えばいいというもんじゃないんです。こいつらが「東北、東北」と言って他のことをほったらかしにしてもいいと思ったら大間違い。

 こいつらに東北復興、原発問題収束を言い訳に使わせちゃいけないんです。この言葉を使えば日本国民の誰もが許してくれると政府の連中は思い込んでいるとしか思えないんですよね。だからこそ東北復興や原発問題解決という言葉がこの無能な菅政権にとってはマジックワードのように使われるんです。無能なせいでこれらの対策が一向に進められなくても、このキーワードを使って「一生懸命やってます」といえば全てを許してくれるように勘違いしてるんです。

 何もできないクセに政権が「東北、東北」を都合の良い言い訳に使って、震災以外のことや他地域のことを全く考えようとしていないところが菅政権の本当にダメなところなんですよね。東北の方々には悪いけれども、日本は東北だけじゃありません。震災の復興をしなければならない地域もあれば、普通に今までの不況から脱出して他国との経済競争の中で勝ち抜いていかなければならない地域もたくさんあるのです。

 阪神大震災のときに阪神地域とそれ以外の地域で意識の温度差があったのと一緒で、時が経てば東北の復興話は東北地方限定の話題に収束していきます。申し訳ないですが他地域の人は東北の復興にはそれほど興味を持たなくなってきます。残念ですが世間一般の人情はそんなもんです。

 正直言って東北地方以外の地域は何も変わらない生活を続けているんです。その地域の人にとってはこの経済不況を何とかして乗り越えなきゃいけないことが最大の関心事なのです。それなのに政府になにかあれば「東北復興」という言葉を都合の良い言い訳に使われたのでは、それは政府の無能をさらけ出しているに他ならないのです。東北地方以外の人達が菅を代えないでいい、と思っているとしたらそれはとんでもない間違いです。むしろ菅に代わって欲しいと持っている国民の方が多いかも知れません。

 東北復興を国として進めていくのは当然ですよ。それは当たり前の事で、その当たり前のことと平行して他の地域が疲弊しない施策を立案実行させる責務が政府にはあると思うんですよね。それを放棄しても許されるかのような岡田幹事長の無責任な発言にはものすごく違和感を感じましたね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/957-f979fbba

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード