税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 菅は即時辞任を。もう待っていられない。  

菅は即時辞任を。もう待っていられない。

2011 - 06/04 [Sat] - 12:15

 菅ってここまでひどいヤツだとは思いませんでしたね。「一定の目処をすぐにつけて辞める」ということを言外に匂わせておいて民主党内の内閣不信任決議賛成派を反対にまわさせておきながら、不信任決議が否決されるや否や、「すぐ辞めるなんか一言も言っていない。『一定の目処がついたら』だ。」と開き直るわけですね

 あれだけ自分が首相在職中に公約を何一つ公約できず、挙げ句の果てに巨額の脱税事件まで発覚して人間的に全く信じることができないハトにまで「政治家はウソをついちゃいかん」とか「ペテン師」と言われる始末。「お前が言うな」という気はしますが、まあ本当に菅はズルいヤツですなぁ。

 なんでそこまで首相の地位に固執するのでしょう?いえ、左翼系の市民活動家が、絶対不可能と思われた日本国の総理の地位を手に入れるまでに上り詰めたのですから、そう簡単に手放すはずがないことはわかります。

 一旦手放してしまったら次に左翼系政治家が政権を手に入れるチャンスなんてまず訪れませんからね。結局民主党は党内でも右派と左派に分かれていて、最初から政治的な姿勢や思想は相容れていませんでしたからね。ただ単に「打倒自民党政権」で呉越同舟しただけであって、その目的が達成された後は政権を取った直後から右と左に分かれてしまいました。

 しかしあれだけ自民党の政治をケチョンケチョンに批判して「責任を取れ」だの「辞めろ」だの言いたい放題だった菅が、いざ自分が首相になると身内を騙してまでその地位に居残るワケですからね。薬害エイズ問題でのよいイメージが菅にはあったので、民主党が政権を取って以降なぜ菅のことを小沢を中心とするグループがあまり支持をしていなかったのか正直分かりませんでした。

 しかし実際に菅が首相になって矢面に立つようになると、いかに菅という男が政治的に歪んだ思想を持ち、政治的問題解決能力やリーダーシップ、求心力はほとんど持ち合わせておらず、しかし自らの権力だけは絶対に手放そうとしないヤツであるということがよく分かりました。確かにこのような男が党内、特に右派から支持されるはずがないことがよく納得できました。

 それにしても今回の内閣不信任決議案否決とその後の居直り姿勢はいかにも見苦しい。ここまでひどい姿をさらけ出してまで首相の地位に残る意味がどこにあるのでしょう?きっと菅の了見の狭い頭の中では、薬害エイズ問題に一定の解決をもたらして評価を高めたときと同様に、今回の震災と原発問題に解決の目処をつけて「批判に晒されながらも素晴らしいリーダーシップと政治的手腕を発揮した名総理」という評価を得たいのでしょうね。

 でも菅なんて震災が起きなかったら外国人献金問題でとっくの昔に辞任していなければならなかった人物です。だから菅は震災と原発問題を自らの首相の地位に居残るための口実に利用しているにすぎないのです。「ちょうどよい時期に震災が起きてくれた。おかげて俺はすぐに辞めなくてすむ。」と彼は思っていたに違いないのです。

 被災地の方は今頃菅下ろしに政治がもめていることがとても腹立たしいと思っているはずです。しかし震災を利用して自らの政治生命の延命を図ろうとしているだけの菅を総理大臣に置いていたって何も復興対策なんて進まないんです。原発問題も何一つ解決しないのです。だって菅は反体制、反官僚思想ですから、国の体制を動かす頭も、ノウハウも何も持っていないからです。菅が総理では全てがストップしてしまうのです。

 この国の危機においては官僚を信頼して使いこなせる総理大臣でないとだめなのです。今は組織を信用しないで、組織を使えないヤツが国という組織のトップなのですから、何も物事が動くはずありません。そのくせそうやって組織が動かないと「あいつらは動こうとしない。情報も上げてこない。」と批判して怒鳴り散らすわけですから本当にタチが悪いです。

 確かに本来であれば今こんなことで政治がもめている場合ではありません。しかし菅のままでこれから事態がよくなることもたぶん期待できません。菅が総理大臣の地位に長くいればいるほど問題解決は先送りされるだけなのですから、まず菅総理を辞めさせてその後樹立されるであろう与野党一体となった復興政府に期待するしかないのです。

 復興を無視して政争をやっているのではありません。復興を早く進めるために総理大臣を替えなければならないのです。そう事態を理解すれば、菅を早期に辞任させる必要性が理解できると思います。もっとはっきり言ってしまえば、早期復興は現場と仕組みと法を知り尽くしている官僚に権限を与えて彼ら主導でやらせた方が良い気がします。政治はその報告を受けて方向を管理するだけの方が絶対に早いでしょうね。

 今のこの時期では100点満点の解決策なんて期待しちゃいけないんです。70点、80点くらいの復興策でもよいのでとにかく早くなければいけないのです。それができるのは官僚をおいて他にいません。彼らの権力が多少拡大しようと、彼らが多少ズルいことをしようと、それはこの際目をつぶってでも彼らに任せていち早い復興と原発処理を行わせた方が国としては得策だと思います。

 そういう面から見ても官僚を信用していない菅では復興は絶対ムリです。早く辞めて欲しいです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/938-eeb7d759

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード