税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 責任は給料に比例するか?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任は給料に比例するか?

2011 - 05/30 [Mon] - 18:22

 いきなりですが、給料と責任は比例すると思いますか?つまり安い給料をもらっている人はそれなりの責任で許され、高い給料をもらっている人は重い責任を負わされると思いますか?

 こういった議論を行う場合には意見が割れますよね。「そりゃあ安い給料を払っておいて責任取れなんて勝手すぎ。」という人もいれば、逆に「いや、給料が安いか高いかは関係ない。安くても給料をもらっている以上はちゃんと責任を果たして当然。」という人もたくさんいます。

 私ですか、うーん、私の意見では「責任は給料の多さに比例する」ですね。これは私がサラリーマンをしていた頃からずっと変わっていませんね。だってだからこそ役職や経験に応じて給料に差があるわけじゃないですか。安い給料払って人をこき使って、その上で責任まで負わせることができたんじゃ、安い給料をもらっている人はたまったもんじゃありません。

 確かに「給料をもらっている以上は、安くてもプロとしてちゃんとやることは責任持ってやれよ。」という意見はもっともに見えます。そう主張する人はいろんな人と話をしていても本当にたくさんいます、特にやり手の人達には。でもね、それは給料をもらっている人の心がけとして安月給で働いている本人が言うのであればまだしも、給料を払っている側が言うのは違うと思いますね。

 安い給料をもらっている人が「給料は安いけど俺は頑張って責任持って一生懸命仕事するんだ。そうすればいつか必ず周りも俺のことを認めてくれて、給料もいつか上がっていくはず。」と思うのは心がけてとして立派なことですし、そうあることが望ましい姿だとは思います。

 しかしそれを給料を払う側が安月給をもらっている社員に対して言うことじゃないと思います。だったらなんで社長とアルバイト社員との間で給料の差があるのでしょう?安月給も高給取りも等しく責任を取らなきゃいけないのであれば、社長もアルバイトも同じ給料でいいじゃないですか。

 そう訊けば「そりゃ、お前、社長の方が遙かに苦労も責任も多いんだからアルバイトと同じ給料でやってられるわけないじゃない。」って答えが社長から返ってくるに決まってますわね?じゃあ結局のところ責任に応じて給料に差が付いて当然、って社長自ら認めているってことじゃないですか。

 ですから経営者達が安い給料払っておいて「お前達もしっかり責任持て。給料が安いからといっても許さへんで」というのは経営者側の勝手だと思うんですね。これって高い給料をもらっている人が責任を取らないで安い給料をもらっている人達に責任をなすりつけるための詭弁にしか聞こえないんですよね。こういう論調が最近増えているからこそ、近頃の世の中は変なことになってるんじゃないですかね?

 そんなん、高い給料をもらっている人、たくさん儲けている人はそれに応じて業務上、そして社会的にも責任を持つのは当たり前だと私は思うんですけどね。だからこそ高い給料をもらっても周りの人が許してくれるわけで、責任を取らないクセに高い給料をもらっていたらケンカになって当たり前ですやんか、普通。そんなんじゃ世の中の道理が通りませんやんか。

 ですから人を雇う側も、働いている人に責任を取ってもらいたかったら応分の給料を支払うべきだと思いますね。時給700円でアルバイトを雇っておいてプロパー社員と同じ責任を取れ、なんて身勝手きわまりないと個人的には思いますね。

 でも給料が安い人はなんの責任も取らないでよいのか、といえばさすがにそれは私も違うと思います。いくら給料が安くても、行っている業務に対しては責任持ってやってもらわなければなりません。

 しかしそれはあくまで給料に応じた責任であって、安い給料をもらっている人が多少チョンボしたからとギャーギャー騒ぎ立てても仕方ないですわね、だって安い給料しか払ってないんだから。もっと責任持ってちゃんと仕事して欲しかったら雇う側もお給料上げてあげないと。こっちがやることをやってないのに、相手に偉そうなことは言えませんわね。

 極端に言えば、安い給料もらっている人がちゃんと仕事をこなすかこなさないかはその人の自由だと思います。ただちゃんと仕事をしてくれる人は職場で評価が高くなって待遇も上がるでしょうけど、ちゃんとやらない人はいつまで経っても安い給料のまま放って置かれますよね。その差が付くのは当然だと思います。

 あー、それと私自身責任を被りたくない仕事は依頼者からお金もらいませんね(笑)。タダでやります。だってお金もらったら応分の責任が生じますやんか。だからボランティアでやります。まあそれでも専門家責任みたいなものが生じるときは生じるでしょうが、金をもらっているかもらっていないかという精神面、心理面に与える影響は大きいですからね。相手だって自分が金払っていない相手に文句言うのはなかなか勇気要りますからね。

 まあそういうわけで給料の多少に応じて責任の多少も変わる、これは当然だと思うんですが皆さんはいかがお考えでしょうか?経営者としては悩むところですかねぇ?

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/934-99033860

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。