税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 韓国の議員が北方領土上陸とか。  

韓国の議員が北方領土上陸とか。

2011 - 05/25 [Wed] - 17:42

 なんか今度は韓国の議員が北方領土にやってきたんですって?竹島という領土問題で同じ姿勢を取ろうとするロシアと協調路線を図ろうという魂胆なんでしょうね。

 しかし正直言っていいですか、今回みたいに韓国の議員がなんの許可もなく上陸できるような島が一体日本の領土だと言えるんですか?日本政府が抗議するのは自由ですけど、結局ロシアも勝手に実効支配しているし、ロシアの大統領だって来るし、韓国の議員だって日本側の許可なく自由にやってこれるわけですから、こんなもん誰がどう考えたって日本の領土じゃないでしょうに。

 日本はもう北方四島と竹島はあきらめるべきですね。一戦交える気がないのならあきらめるべきです。その代わりの補償を水面下で進めるべきですね。譲渡したらいいじゃないですか。どうせ現状のまま50年経とうが、100年経とうが状況は何も変わらないでしょうしね。

 あと20-30年も経てば北方四島で生まれ育った日本人は完全にいなくなってしまうのですから、そのときになれば日本側の返還トーンが下がるのは目に見えています。ロシアだってそのときを待っていると思います。

 どうせ将来においても返してもらえる見込みのない領土であれば、日本人の返還に対する感情が強いうちに高い金額でロシアに譲渡してしまえばいいじゃないですか。ついでに漁業権についてもきっちりと決めて日本側に損がないように交渉すればいいじゃないですか。

 竹島だって一緒ですよ。どうせ日本が竹島を力尽くで取り返すことなんてないでしょう?それともあれかな、北方四島にしても竹島にしても、ロシアや韓国という国家が弱体化して逆に先方が日本に買い戻しを打診してくるのを日本政府(外務省)は待っているのかな?

 それも確かにありかもですね。まあ日本がヘボかったのはよく言われているようにソ連崩壊の時になんできっちりとこの問題にカタをつけなかったのか、ということですよね。あの当時であれば日本はメチャメチャカネあったし、ソ連はガタガタだったからちょっと金出して買い戻してやる、と交渉すればイケた気もするんですけどねぇ。

 まあ日本で一番賢い人達が集まっている外務省ですから、いろんなことを考えているんだろうとは思いますけどね。にしても今回の韓国議員の北方四島上陸は腹立ちますよね。

 でもね尖閣諸島は絶対死守ですよ、本当に。中国は本当にあそこを取りたくて取りたくて仕方ないんですからね。自衛隊を駐留させても、アメリカ軍を駐留させても絶対にあそこは日本の領土として守っていかなければなりません。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/926-09e317d6

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード