税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > お店のおつりの渡し方で気になること  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お店のおつりの渡し方で気になること

2011 - 05/22 [Sun] - 01:08

 最近コンビニなどに出かけると店員のおつりの渡し方が大体二通りに分かれてきていることに気がつきました。

 従業員の接客態度に神経を使っている会社が多いので、そのあたりをきちんと教育しているからこそお金の渡し方が2つに収れんしてきたのかも知れません。

 で、その2つはどんなのかと言えば、両方とも愛想よくお金を返してくれるのですが、1つは言葉だけが愛想よくてお金を渡すときに手のひらにお金を落とす渡し方。もう一つはその逆で片方の手をお客の手のひらの下に添えて両手でお釣りを手渡しするように渡してくれるやり方。

 最初のお金を客の手のひらに落とすやり方、はっきり言ってこれほど不愉快なお釣りの渡され方はありませんね。こんなことされるくらいなら外国でよくやるようにトレーの上において渡してくれる方がよほど気分がいいですね。

 このやり方でお釣りを渡す人はほぼ例外なく若いアルバイト。男性でも時々いますが、一番多いのは若い女性。しかもちょっと「自分ってイケてる」という意識が垣間見えるヤツ。ええ、そりゃわかってますよ、私自身おじさんですから若い女性からみて「お前の手になんか触りたないわ」と思う気持ちくらいは(笑)。

 でもね、お金を手のひらに落とされるとその気持ちが露骨に伝わりすぎるんですよ。機嫌悪いときやったら「お前、なんやその金の渡し方は!」って怒鳴り散らしそうになります、正直。まあたかがアルバイト店員にケンカ売ってもしょうがないんですけどね(笑)。下らない話です、ハイ。

 別に俺の手を触って釣りを渡せ、なんてことは言いませんから、お前、せめてお金は手のひらにそっとおいてくれよ。そうしたからと言って別に俺のばい菌がお前に移るわけでもないだろうに。それとも何かな、こういうことをやる女性はキレイめの女性が多いから、その女性ががお釣りを渡そうとすると手を握ってくる輩が多いのかな(笑)。だからオッサンにお釣り渡すときは手を握られないようにさっさとカネを手放すのかな?

 まあ、どうでもいいよ、理由なんて。不愉快なことには違いないから。

 それと逆にこっちが困ってしまうのは最近多い「丁寧両手手渡し型」。片方の手を客の手のひらの下に置き、もう方の手のひらにお金を持って客の手のひらを両手で上下に挟むようにして渡してくれるやり方ですね。

 これもやってくれるのは女性が多いです。年齢はほとんど関係ありませんし、若い人でもやってくれる人はやってくれるし、パートさんくらいの方もよくやってくれます。最近よく見かけるようになったのでどこかのコンビニチェーン店あたりがやり始めたのが伝染しているのかも知れませんね。

 これねぇ、確かに丁寧で、手のひらにお金を落とされるよりは100倍マシなのですが、これされると照れるんですよ、猛烈に(笑)。手のひらに触れないでお釣りを渡してくれる人も多いのですが、中にはしっかりと上下から手を触れて挟んでくる方もいるんです。これが照れる(笑)。

 見も知らない店員と客なのに手を触れあうことに、私自身は照れますねぇ。過剰サービスと言ってもいいほど照れます。水商売でホステスさんが客の手を握るのであればまだしも、コンビニの店員にお釣りを渡してもらうだけでそこまでしてもらわなくても・・・、と正直思いますね。

 当然ちょっと勘違いする客も出てくるでしょうし、私のように照れるお客もいるでしょう。まあお金を手のひらに落とすやり方も、両手で包み込んで渡してくれるやり方も、どちらも何とかして欲しいと思いますねぇ。

 客サービスの方向がちょっと間違ってると思いますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/922-05103f9b

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。