税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 東大法学部卒  

東大法学部卒

2011 - 05/14 [Sat] - 12:14

 何かのブログを読んでいて「東大法学部卒ということだけを有り難がる世の中はやめなければならない」と書いてありました。確か東大法学部卒の弁護士が2回も痴漢で捕まってしまった事件からそのように書かれていたと思います。

 まあ確かに東大を卒業していることは人並み外れて勉強ができることは間違いありませんが、だからといって人間的にすぐれているとか、仕事ができる人間であるかということは全く別問題です。私が以前勤めていた会社でも東大卒の先輩がいたんですが、あまりに口だけ達者で役に立たなかったので結局自主退職にもっていかれてましたからね。

 でもそれはそうなんですが、だからといって東大卒、しかも東大法学部卒を何でも「普通扱い」するのはちょっと違うということも言っておきたいと思います。何浪もして東大法学部に入った人は別として(それでも十分凄いことですが・・)、現役で東大法学部に合格できるような人間の頭って、本当に賢いんです。

 偏差値で人を評価するのはどうかとは思いますが、とりあえず一般的な情報では東大法学部の偏差値は70。文系では当然日本でトップです。理系の医学部では偏差値70以上が必要とされる学校は結構ありますが、文系では東大くらい。

 で、何度も書きますけど、本当にこのクラスの賢さって半端じゃないんです。特に現役合格者の場合は。浪人して合格した人達は、悪いですけど予備校で思いっきり受験テクニックを叩き込まれたクチですから現役合格者と比べると試験で同じ偏差値70が取れたといっても本当の「頭」のレベルは少し落ちるんです。

 現役で東大法学部を合格する連中は凄いです。全てを超越して賢いと言えるくらい、賢いです。だって特別な受験勉強をしなくても東大法学部に「入れちゃう」人がごろごろいるんですから。私の友人にもそういう奴がいて間近で見ていたので、それは本当によく分かるんです。

 だって彼らにしてみれば、勉強しなくても日本一難しい東大法学部に合格できるだけの頭を持っているのですから、日本では東大法学部以外に自分が勉強できる場所なんてないんです(笑)。他に行っても仕方ないんです。自分に勉強を教えてくれるレベルの先生がいるところは東大法学部以外にないから東大法学部に行くだけの話なんです。

 世の中にはそれほど凄く賢い奴がいるんですよ、本当に。東大法学部には日本中からそういうヤツらが集まってきてるんです。そういうところなんです、東大法学部とは。私の友人も「東大行ってから勉強するわ」ってよく言ってましたからね(笑)。つまり彼にとって東大法学部に合格する程度の事は「勉強」のうちに入らないということなんですよね・・。

 でもそんなに賢い彼らですが、彼らは自分よりレベルが低い人と話すときには自分のレベルを下げてまで話ができます。つまりどんなレベルにも自分のレベルを変えて対応できるほど聡明なのです。そして決して自分の賢さをひけらかしたりしません。だってひけらかすと、周りの人から「あいつは東大卒を鼻にかける嫌なヤツだ」と思われて自分が損をすることをよくわかっているから。

 逆に中途半端に賢い人は少しレベルが下の人としゃべるときに自分のレベルを下げるのを嫌がって「バカと話すのはイヤだ」と言う人もいますが、本当に賢い人は相手に合わせて自分のレベルを自在に変えることができるんです。

 だから本当は全てのことを自分で調べて知っていても、バカのフリをして尋ねたり、初めて聞いたように「へぇ~、知らなかったわ。教えてくれてありがとう。」なんてフリができるんです。しかも本当にそうであるかのように振る舞えるんです。

 よく国会答弁などで事務次官や大臣などが質問されて答えているセリフのように、本当は知っていることを「知らない」「承知していない」と答えたり、「記憶にない」と答えたり、本当にそのように振る舞えたりするのです。それがまた見破れないほど上手に振る舞うんです。

 ですからね、本当にこのレベルで賢い人が公の場で話している内容というのは鵜呑みにしちゃいけないんです。東大法学部卒の政治家や官僚の話の内容なんてホントのことを話しているか、ウソをついているのかは本人にしかわからないことがたくさんあるのです。

 一般の人は、こういう賢い人が世間から「あいつはバカだ」と言われることを承知の上でバカなフリをして話した内容を、そのまま額面通り受け取って「あいつは東大卒だけどバカだ」と言いますが、それは全然違うんです。このレベルで賢い人はバカのフリができるんです。世間一般から「あいつはバカだ」を言われても、きちんと自分の保身や組織の利益を守ることを考えているんです。

 ですからこのクラスの人の発言は、基本額面通りに受け取らないことです。特にすっとぼけたようなことをしゃべっている場合には。まあでもそういった芸当ができるほどの賢さを持っている人は本当に千人に一人くらいしかいないと思いますけどね。

 でも超大企業のトップとか、官僚のトップとか、政治家には結構いますから、意外とバカにはできないんですよ。だって彼らは「バカのフリ」ができるんですから。でもたぶん菅は違います(笑)。よくわかんないのはハト。ハトが本当は賢いのか、或いはただのネジが外れた理系バカなのか、そこがよくわかんないんですよね(笑)。

 まあでも「東大法学部卒」の肩書きを持った人達の発言をそういう目で見ていると、意外とそこから本当のことが見えてくるかも知れませんよ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/911-dac2dfbd

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード