税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 原発内部には水がほとんどなかった・・・。  

原発内部には水がほとんどなかった・・・。

2011 - 05/12 [Thu] - 13:32

 今日のお昼のワイドショーを見ていてのこと。何でも原発事故が起きた原発の1号機の内部に入ってみると冷却するための水が殆ど残っていなかったことがわかったのだそう。そのため根本的に事故対策を練り直す必要があるのだとか。

 ・・・おかしくないですか、これって。じゃあ一体今まで2ヶ月近く水をジャンジャン入れていたのはなんのためだったの?それに2ヶ月近くも作業をしてきて、1号機から水がジャジャ漏れだったことが今頃わかったの?ウソでしょう?

 素人目に見てもオカシイじゃないですか。だってアレほど水をジャンジャン入れていたんですよ。じゃあそれまで入れていた水は何処に行ったってことなんですか?容器の割れ目からジャンジャン地上に漏れ出てたわけ?それとも蒸発してジャンジャン大気中に拡散していたわけ?いずれにしても放射能に汚染された水や水蒸気が流出しまくりってことですよね?

 本当に2ヶ月も作業してきて分からなかったの?それとも現場は分かっていたけど、また東電の上層部が要らない気を回して発表を遅らせただけ?オカシイじゃないですか、アレだけ毎日水入れてたんですから、それが日々の作業の中でなくなっていくことは分かっていたわけですから、普通に考えればどこかから漏れていたと思うのが当然じゃないですか。

 なんかよく分かんない。今更原発事故処理を抜本的に見直す必要がある、なんてそれらしく言われたって全然信用できない。ホント、これだったら今まで何のために命がけで多くの人が尽力してきたのか、意味がわからなくなっちゃいます。

 そりゃもちろん中に入って初めて分かった、ってこともあるでしょう。そりゃ否定しませんけど、「ホントぉ?」っていう疑問は拭えませんよね。結局2ヶ月経って一からやり直すだなんて、いくらなんでも遅すぎませんか?

 水を貯めて冷やすための容器が割れて水が漏れてるわけですが、その容器を修復する方法ってあるんでしょうかね?何となく話の雰囲気では治す方法がないような感じがするんですけどね。だって放射能に汚染された水がジャンジャン漏れてきてるんでしょう?割れ目がわかったって直せないんじゃないですか?水を注げば注ぐだけ汚染水もどんどん出てくるわけですよ?

 でね、暴論だというのは承知の上で書きますけど、直す方法がないのならいっそのこと爆発してしまったほうがいいって話はないんですか?だってこんなに毎日毎日チマチマチマチマ水を入れて効果なかったわけだし、これからも直す方法がないのだとしたらずっとこの状況が続くってことですよね?

 いつまでやるつもりなんですか?本当に直せるんですか?植物人間を人工呼吸器で生かし続けているのと同じような話で、何ら抜本的な問題解決になってないんじゃないですか?ムダな時間だとお金だけつかって、周りが気を揉むだけなのではないでしょうか。どうせ最終的に死が来るのなら、それは今来ても一緒だ、って話にならないですか?

 原発が仮に爆発してしまったら、それはどのような影響があるんですか?例えばそれは広島や長崎の原爆の影響と較べてどれくらいの違いがあるものなんですか?爆発した後の長期的な影響はどのように予想されるんですか?

 或いは厚さ5メートルくらいのコンクリートで建屋を固めてしまって、そののちに内部で爆発してしまったらどのような影響が予想されるんですか?放射能は外部に流出してしまうんですか?それともコンクリートの壁の中で抑えられるんですか?

 今既に原発事故による放射能汚染で近隣住民は恐れおののいているわけですが、これをいつまで続けさせるつもりですか?ダメならダメ、って早めに教えてあげるのもその人達のためにはいいことですよ。だったら爆発させてしまって半径20キロ圏内を数年間立入禁止にしても一緒じゃないですか。

 だって広島や長崎のあの凄まじい爆発と比べて、原子炉が爆発した場合の大きさってどの程度なんですか?誰もそれをマスコミで伝えてくれないので爆発したときの事が想像できないんですよね。我々は昔から原爆が爆発する映像や、その後の汚染の影響などは繰り返し映像や資料で見てイメージがあるわけですから、それとの比較で今回の爆発を説明してくれれば分かりやすいと思うんですよね。

 つまり今の状況であーでもないこーでもないと言いながら多くの作業員の命を危険に晒しながら水を注ぎ続けて行くのが良いのか、それともいっそのことわざと爆発させてしまったほうが早く事態が収拾するのか、そこのところを知りたいんですよね。

 とりあえず1号機が爆発したら広島長崎型原爆と較べてどうなのか、それを教えてくれませんかね?原爆よりも遙かに恐ろしい爆発になる、っていうのなら何がなんでも爆発させないで収拾させる方法を探し続けなければなりませんが、仮に爆発したって広島の何十分の一ですよ、って話だったら広島長崎の原爆の事例を元に爆発後の影響をシミュレーションして爆発後の対策をしっかりと取った上であえて爆発させる選択肢もあるのかもしれません。

 日本人には原爆のイメージが強すぎるので、口が裂けても爆発したときの話をマスコミが報じることは出来ないのかもしれませんが、しかし事がここに至ったら爆発したときの状況を冷静に論じる必要もありますよ。だってあの原爆の後だってしばらく経てばみんな爆心地にも住めるようになったのは事実なんですから、必要以上に恐れないで爆発後の状況を考えてみるのもいいことだと思いますよ。

 意外とそれが事態収拾のための近道だったりするかもしれません。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/908-4da63c5a

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード