税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポーツ > 松坂、日本に帰って来い。  

松坂、日本に帰って来い。

2011 - 04/16 [Sat] - 14:13

 松坂、相変わらず調子悪そうですね。いつもであればストライクが入らないで勝手に自滅していくのに、最近ではストライクを投げてボコボコに打たれるのだとか。もうだめですね、地元ファンもブーイングの嵐だとか。

 まあアメリカに行った当初から松坂の調子は大した事ありませんでしたが、もう最近はよく一軍(メジャー)でなげてられるなと思うくらいガタガタ。個人的には日本にいたときから松坂は正統派のピッチャーとして好きでしたが、アメリカに行ってからはひどすぎます。

 アメリカに行ってからまともだったのは最初の年くらいだけですよね、確か。パワーをつけるために太ろうとしたんでしょうけど、松坂には合わないやり方だったんじゃないでしょうかね。

 太ってからはロクなことないですよね。球が速くなったのかどうか知りませんけど、とりあえずコントロールはめちゃくちゃ。まあね、無理してアメリカで野球を続ける必要はないんじゃないでしょうかね。

 松坂自身はアメリカで野球をしたいのかもしれませんが、多分松坂には向いていません。何事にも向き不向きってものがあるじゃないですか。松坂のピッチングスタイルは日本の野球を通じて確立されたものなんですから、やっぱり日本が向いているんじゃないでしょうか。

 ネットのニュースによれば、松坂自身はアメリカで5年も野球をしているにもかかわらず今でもほとんど英語がしゃべれないのだとか。舐めてますね、というかバカというか(笑)。5年もいるのならチームメイトとの会話くらいはできなきゃ話にならないでしょうに。

 それは逆のケースを考えれば分かりますやんか。アメリカから日本にやってきた仕事の同僚が5年も日本にいるのにいまだに日本の同僚と日本語で日常会話ができなかったら「こいつ日本を舐めてんのか?さっさとアメリカへ帰れよ。」って思いますやんか。

 普通どんな外国人でも日本にやってきて日本に住めば1年も経てば日常会話くらいは片言でできるようになるもんですよ。だってそうできないと日本で暮らしていけないもの。それは企業の国際化云々とはまったく別の次元の話です。

 しかも松坂は自分の意思でアメリカに渡って野球をやっているわけでしょう?だったらアメリカに溶け込む努力を松坂自身がやっていかないと。5年経ってもいまだに英語しゃべれないなんて世の中舐めすぎ。英語ひとつしゃべろうとできないレベルなら日本に帰ってきて日本でやるべきでは?

 まあアメリカの野球になじめなかった選手たちは自分たちが旬な間に日本に帰ってきた方がいいんじゃないでしょうかね?確かにアメリカで野球をやるほうが金も稼げるし、憧れの選手と一緒野球ができたり知り合いになれるし、高額な年金がもらえるという魅力はあるでしょう。

 まあ金と名誉のためだけにアメリカで意地でも野球を続けたいという気持ちも分からなくはないですが、正直ファンとしては寂しいもんですね。どんどんだめな選手になっていく松坂を見ているのは悲しい気がしますし、これだけだめな選手になってもそれでも大リーグにしがみつく松坂もどうかなと思いますね。

 そりゃプロスポーツ選手は「プロ」なんですから金の魅力でプレーを行うのはひとつの判断です。それは分かりますけど、カネだけでスポーツをやっている選手を見ているとイヤーな気持ちになりますね。

 まあプロスポーツ選手もファンあってのものですからね。ファンに喜ばれる、という感覚を持っていない選手はどうなのかなーって思いますね。だからぜひ松坂には、できればアメリカに固執せず選手として旬の間に日本に帰ってきて素晴らしいプレーをファンに見せて欲しいと思いますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/889-e948e402

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード