税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 相続税集客サイトの売り込み  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続税集客サイトの売り込み

2011 - 03/31 [Thu] - 11:06

 今日はまた久しぶりに税理士紹介業者からの電話が。

 この人達も従来の顧問先紹介が行き詰まってきたのか、或いは単なる業務拡大化はわかりませんが、今回の電話は今までと少し毛色が違います。今までであれば「年間顧問料50万円くらいの関与先紹介」だったのが「相続税申告案件の集客サイト」に変わっています。

 電話をかけてきたのは以前にもかけてきたことがある「G」という会社。イタリアの地名といえば電話を受けたことがある税理士さんならピンと来るかも。この「G」という会社、以前にもブログに書きましたがとっても怪しい会社です。ネットで調べれば引っかかりますが、給与体系が異常です。いかにもまともな商売はやってません、といわんがばかりです。

 で、今回の電話では確か「相続案件を紹介するわけではないんですが、相続税申告に関するインターネットシステムを導入していただくことで、毎月1件から5件程度の相続税申告の集客が見込めるものです」と言っていたと思います。

 その電話の際に「もりり先生が本当にこのシステムを通じて案件を増やしたいとお望みなら・・」といったもったいぶった言い方をしてきやがったもんですから(笑)、先方が「ご興味はおありでしょうか?」といった瞬間に「このたびはご遠慮申し上げます。」と断りました。だってそのまま話を聞くと話が長そうですもの(笑)。

 そうやって断るやいなや、先方の口調はとたんにトーンダウンし、あっさりとお別れとなりました。ダメなテレアポ要員の典型です。優秀なテレアポ要員はたとえ断られても「またよろしくお願いしまーす」と最後まで愛想を絶やさないものです。断られて口調が変わるようじゃ、全然話になりません。

 まあそんな感じで電話を切ってしまったものですから詳しく話は聞きませんでしたが、紹介はしないと最初に断っていたくらいですからきっと「相続に詳しい税理士」といったポータルサイトに名前を載せて各税理士のホームページにリンクを貼る、という程度の話なんじゃないかと思います。

 月額いくら取るのか、そこまでも聞きませんでしたが、こんな誘いに乗る税理士さんって今時いるんでしょうか?いるのかも知れませんね(笑)。今までは顧問先紹介で金を稼ごうとしていたクセに、目先を変えて税理士が喜んで飛びつきそうな相続案件をネタにするとは「G」も考えたな(笑)。

 でも現実問題として毎月1件相続があれば、そりゃ嬉しいけど小規模な事務所だとさばけないでしょ。相続専門に展開している事務所でないと、毎月1件から5件も相続案件が舞い込んできたら、逆にパンクしちゃいます。

 まあ「G」も面白いところに目をつけたな、とは思いますが、正直言って勧誘を受ける税理士事務所からすれば従来の顧問先紹介と違って飛びつきにくいんじゃないかと思いますね。直接顧客を紹介するのではなく、集客サイトを税理士に利用させることで稼ごうという「G」のサービス、そんなもの使う税理士がいるのか個人的には甚だ疑問には思っています。

 もしご興味がおありでしたら、「G」から電話がかかってきた時にそのあたり突っ込んで訊いてみてください(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/884-2bba9f9e

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。