税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > よし、ようやく税理士として進むべき方向が固まったぞ。  

よし、ようやく税理士として進むべき方向が固まったぞ。

2011 - 03/30 [Wed] - 14:40

 確定申告時期あたりから下らない税務訴訟の最高裁判決や最近の世の中のめちゃくちゃさ加減に税理士という職業の意義、目的などに疑問と無力感を感じていましたが、先日の東北の震災以降ようやくまた自分を強く取り戻すことができました。

 やはりね、私は世の中の人の役に立つために税理士になろうと決意したんですから、そこを突き詰めていこうと、そうあらためて心に強く思いましたね。依頼者から金をたくさんもらうために税理士になったわけでもないし、資産家から報酬をふんだくるために税理士になったわけでもないんです。

 私は世の中の人の役に立つために税理士になったんです。ですから依頼者から見て「高い」と思われる報酬は絶対的にダメです。税理士という立場から見て、たとえ常識的にはこれくらいもらって当然や、と思っているような報酬であったとしても、依頼者の立場から見て「なんでこんなもん払わなあかんねん」と感じる報酬はやはり私は請求したくありません。

 この確定申告時期が終わって、それでも悶々とした気持ちを引きずったまま依頼者に申告書を返したり、報酬を集金しながらやっていましたが、「これだけしてもらったのに、この報酬でいいの?」と笑顔で言ってくださる依頼者が何人かおられて、そこでようやく私がやりたかったことにあらためて気がついたのです。

 私がやりたかったことは私が仕事を行って依頼者から感謝されること、喜んでもらえることなんです。そうでなければ私は税理士という仕事をしていても意味がないと思うんですね。いくら素晴らしい仕事をしたって、報酬や納期で依頼者が不満を持つような仕事をしたんじゃ何の意味もないんですね。そんなんで多少金が稼げたって、そんな商売長続きするわけないんですし、依頼者に嫌われてまで金儲けしたいなんてこれっぽっちも思いません。

 そういう意味で私は他の税理士からどんなに文句を言われようと「依頼者目線」に立った報酬の設定をこれからもやっていきたいですし、これが私の税理士としてのポリシーであり、信念であることを再認識しました。

 ですからこれからも従来の税理士のサービスや報酬額に不満を持っておられた方々、或いは今まで税理士報酬が高くて税理士に仕事を依頼したくてもできないと躊躇されていた方達に喜んでもらえるようなサービスを提供していきたいと思いますね。

 私の心は再び強く固まりましたね。もう迷わないし悩みません。依頼者に喜んでもらえる税理士こそが私が追求すべき税理士像です。それは報酬額、サービス全てがトータルで依頼者に喜び、満足してもらえることです。

 うん、もう大丈夫。これで私は何も迷わないで突き進んでいける。多分「勝てる」。私が「勝てる」と思ったら今までだって最強だった。絶対にこの不動の信念で私は近いうちに成功を収めていると思う。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/883-4b4f4067

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード