税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 寄附はきちんとした組織へ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄附はきちんとした組織へ

2011 - 03/14 [Mon] - 21:46

 東北で起きた大地震の被災者を支援しようと様々な寄附を呼びかける活動が起きています。とても良い事だと思います。

 ただここで一つだけ寄附をなさる方にご注意いただきたいことがあります。どうせ寄附をして下さるのであれば、赤十字やテレビ局、新聞社など、そういったなるべくしっかりとした組織に寄附を託して下さい。

 この時期には、きっと街中であれば駅の改札外などで寄付箱を持った若者たちがたくさん立っていると思います。純粋に善意に突き動かされて寄附を呼びかけている尊敬すべき若者がいる一方で、残念なことにエセ寄附を呼びかける連中も同じように寄付箱を持って立っていることがあるのです。

 こいつらは本当に偽善の皮を被った連中で、他人の不幸をネタにして人の善意を利用して一儲けを企もうとしているとんでもない連中です。その寄附の行き先は街角に立つように若者を命令した宗教団体だったり、単なる募金詐欺の連中だったりします。

 この大変な時期に携帯にチェーンメールを流して他人の善意を影で笑っているような連中がいるのと同様に、世の中には他人の善意を利用して「これは良いチャンス」とばかりに善人のフリをして街角に寄付箱を持って立っているとんでもなく不届きな連中が必ずいるのです。

 ですから皆さんの善意がきちっと被災者達に届くためにも、ぜひとも寄附はきちんとした組織にしっかりと渡してあげて下さい。街角に立って「東北大地震の被災者に暖かい善意を」などと呼びかけるわけのわからない連中の寄付箱に闇雲にお金を入れるようなことは、できればしないでください。

 街角に立っている若者の中には本当に善意で行っている人達もいるのでこんなことを書くと申し訳ないなと思うのですが、しかし現実にはこういう人の不幸で金儲けしようという悪いヤツらが世の中にはたくさんいるので我々には区別がつかないのです。

 もし本当に善意で寄附を募集しようとしている若者たちがおられれば、街角に立って不特定多数に寄附を呼びかけるのではなく、ぜひ自分の周りの顔見知りの人達に寄附を呼びかけて、そこで集まったお金を大きな組織に手渡すような役割をしていただいた方が良いのではないかと思います。

 せっかくの皆さんの善意が私利私欲を肥やそうとする連中にびた一文でも渡ることがないようにぜひご注意いただきたいと思います。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/866-ca49137a

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。