税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 原発がちょっと心配です  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発がちょっと心配です

2011 - 03/14 [Mon] - 14:28

 福島の原子力発電所が今日また爆発してしまいました。放射能拡散の心配は少ないと政府は発表していますが、建物が爆発するような事故が起きているわけですから、決して安心してみていられるわけではありません。

 原子力発電所は万が一の時の事故のことを考えて、建設や運営は慎重に行われてきたはずです。世界で唯一の被爆国である日本が、核を平和利用する際に当たって核の心配を国民に与えないように十分配慮してきたことは間違いのない事実だと信じています。

 しかし残念ながら事故は起きてしまうものなのですね。確かに今回の地震は想定外の津波を引き起こしてしまったのかも知れません。しかし厳しいかも知れませんが、こと原子力関係の事故防止に関しては「想定外」という言葉は使ってはならないと思うんですね。

 つまりありとあらゆる可能性を「想定」しておかなければならないわけです。「今まで10メートルを超える津波が起きたことがないから、津波の対策はそれほどしておかなくてよいだろう」ではなくて、「今まで10メートルの津波は来なかったけれども、万が一来たときでも安全に運用できる対策を練っておこう」でないといけないわけです。

 だって原子力ですからね。チェルノブイリの事故などは我々にとってはまだまだ強く意識の中に残っている大事故なのです。はっきりいって大事故になってしまえば、ちょっとした核爆弾が落ちたのと同じほどの被害や後遺症を引き起こしてしまうのです。火力発電所が大爆発するのとはわけが違うんですよね。

 ですから原子力発電所についてはその安全性が常に100%でなければならないと思うのです。それは数十年先の未来も含めての話です。100%を保証できないのであれば、原子力に頼る発電は縮小させるべきだと思うんですね、個人的には。

 もちろん国策として石油エネルギー依存を排する必要性がありますので、原子力発電を推進しなければならない事情は十分理解しているつもりです。しかし同時に原子力の持つ危険性というものも計り知れないものがあるのです。

 私は昔から電力会社の方達が「原子力発電所は100%安全です」という発言を繰り返すたびに、「だったらなぜあんな僻地の海沿いに発電所を作るの?安全だったら電力需要地のそばに作ればいいじゃない。東京都のすぐそばに作ればいいじゃない。」と屁理屈をよくこねていたものです。

 もちろん「万が一」のリスク回避のために僻地に作っているということはわかっています。わかっていますけど、その「100%安全」という言葉と、実際に僻地に発電所を作っているという矛盾がどうしても原発の信頼性に疑問符をつけるのです。

 図らずも今回の大地震でいとも簡単に発電機が2機も爆発することが日本のみならず海外へも明らかになってしまいました。放射能による影響がこれ以上広がらないことを期待していますが、それよりもやはり原発はリスクが高い発電方法であることがよくわかったのではないかと思います。

 確かに原発は様々な面ですぐれた発電所だと思います。ただこれからは必ずしも原発に頼らないですむような発電方法をもっともっと開発していくべきなのではないでしょうか。とにかく後世にツケを回すようなことはなるべく無くしておいた方がよいのではないかと思いますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/865-c71e0651

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。