税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > まずは一生懸命働いてみませんか?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは一生懸命働いてみませんか?

2011 - 02/22 [Tue] - 15:15

 先般このブログで権利ばかり主張したり、法の抜け道ばかり探したり、クレームばかりつけてカネをせしめようとしている輩がこれからの日本にどんどん増えることを心配している話を書きました。

 確かにラクですわね、働かないでお金がもらえれば。失業保険然り、生活保護然り、就職支援金然り、そして子ども手当然り。まあそれでトクしていると思っている、或いはそれくらいもらえりゃ十分、と思っている人達にはもはや何も掛ける声はありません。どうぞそのあたりでうろうろしていらっしゃってください。

 でももし「できれば良い生活がしたいなぁ」「もっと豊かになりたいなぁ」「お金がもう少しあればもう少しいろんなことができるのに・・」と思っておられる方がいるとしたら、とにかくラクして金を儲けようなどとは絶対に考えないでください。もし世の中の大金持ちが働かないで株や不動産、はたまたアイデア一つで儲けたという話を耳にしたからといっても、大金持ちでないあなたが働かないでカネを儲けようなどと絶対に思わないでください。

 お金が欲しければやるべきことはただ一つだけ。働くことです。それもただ働くだけじゃなくて一生懸命に働くことです。私はそう信じています。そして私はこの真理を自分自身で証明してもっと世の中にその真理を伝えていきたいと思っています。

 ダメですよ、人間が働かないで金儲けようと考えるなんて。そんなもん、普通に考えて働かなければ金儲かるはずないでしょうに。働けば働くほどお金が稼げるのは当たり前の話なのです。

 もちろんそうは言ってもただ働くだけじゃダメですよ。何も考えずに働いている人には沢山のお金が集まってくることはありません。「より儲けるためにはどうしたらよいか」ということを常に念頭に置いて自分の仕事を常に見直しながら一生懸命働けば必ずその目標は達成できるはずです。

 それから「仕事がない、仕事がない」と老若男女が愚痴をこぼしていますが、仕事はやって来るのを待っているのではなく、こちらから探しに行くものです。仕事が欲しければこちらから動かなければ仕事なんていつまで経ってもやって来ません。

 就職先がないと愚痴をこぼしている大学生が多いみたいですが、仕事なんていくらでもありますよ。大企業じゃなければダメだなんて、はっきりいって贅沢ですよ。そんなもん、本当に仕事をしてお金を稼ぎたいのであれば中小企業で働きゃいいんですよ、何贅沢いってるんですか。

 なんか最近の日本を見ているとおかしいんですよね、何かが。一生懸命やるってことを忘れているような気がするんですよね。みんながラクをしようとしているようにしか見えないんです。職を探している大学生も、働いている社員や労働者も、政治家も、経営者も、勉強している中高生や何もかも。人生で一番大事なことは一生懸命やることですよ、ホントに。それ以外何があるっていうんですか?

 ラクして生きたい、その気持ちはもちろんわかりますよ。誰だって苦労するよりはラクに生きた方がイイに決まっています。でもラクして生きることができない状況にある人がラクして生きようとしたって無理に決まってますやんか。今ラクして生きることができない人が、将来ラクに生きようと思ったら今一生懸命頑張るしかないんじゃないですか?違います?

 それなのに今の世の中では、ラクして生きることがどう考えてもできない人達がラクをして暮らすことばかり考えているとしか思えないんですよね。本当に厳しい言い方ですけど、落ちこぼれの大学生はいくら高望みしても就職人気ナンバーワンの東京海上日動には就職できませんよ、絶対に。それを望んでも無理なんです。

 だったらあなたが働ける場所を探して、そこで一生懸命働くしかないじゃないですか。それなのに一年先送りしてまた東京海上日動クラスに就職しようと目論むわけです。そんなもの何度やっても無駄ですよ、人生を無駄にしているだけです。そして3年経って新卒扱いにならなくなったら、いよいよどうするつもりですか?

 まず働きましょうよ、一生懸命。そして働いてお金を稼ぐということがどういうことなのかということをしっかりと身につけましょう。どれくらい働けばどれくらいお金がもらえるものなのか、それをしっかりと自分で把握するんです。

 なんでこんな世の中になっちゃったんでしょうか?若い人達は、みんながみんなすぐにベンチャー企業を興せば株長者になれるとでも勘違いしているようにしか見えません。そんなわけないでしょうに。ベンチャー企業興して10人の社員を雇うことができる人が一体どれほどの確率だと思っているのでしょう?なんで選ばれた一握りの超エリートと同じ事が自分にもできると簡単に信じてしまうのでしょう?

 超エリートでない人は、働くしかないんですよ?もう考えが甘すぎるとしかいいようがないんですよね。そんなラクして大金持ちになる夢ばかり見てないで、文句言わずに働いたらどうですか?お金稼ぐためには考えるより働くのが一番ですよ。働いて、働いて、働くという意味がなんとなくわかってきたら、次に頭を使って考えてみましょうよ。「もっと稼ぐにはどうすればいいか」と。

 そのときに転職が選択肢なら転職でもいいし、あるいは社内で新しいビジネスを展開させたり、出世する方法を思いついたらそれでもいいじゃないですか。またそのときに一人でビジネスを起こしたいと思えばそれでもいいです。とにかくまず働きましょう、働かなきゃ何も始まらないじゃないですか。

 どうしても就職が見つからない人はアルバイトでもしながら自分だけでできるビジネスを考えてみましょう。一生懸命考えてみましょう。ビジネスを起こすにも種銭は必要ですから、働かないで考えないで何か仕事をしながら考えましょう。そのビジネスが上手く軌道に乗れば、もう就職する必要もないじゃないですか。そうすりゃいきなり社長になれますやんか。

 会社だって、ある時期から求める人材を「即戦力、即戦力」と言い始めました。これってよく考えたらおかしな話なんですよね。即戦力なんかいるはずないじゃないですか、新卒学生に。全ての新卒学生は会社に入って先輩に教えてもらうから仕事できるようになるんじゃないですか?大学は社会人養成専門学校じゃないんです、全くこいつら何言ってんだと思いますよね。

 「即戦力が欲しい」と言っている会社の経営者や人事担当者達だって、若い頃はそうやって先輩に仕事を教えてもらってやっと一人前になったクセに、自分達のことは棚に上げておいて会社としての人材育成を放棄して「即戦力が欲しい」と言うなんてふざけすぎ、ラクしすぎにも程があります。

 とにかくみんな頑張りましょうよ、もう一回。「頑張る」というもの凄く大事なことを日本人は20年前くらいにどこかに置いてきてしまったような気がするんですよね。やっぱり人間いつになっても誰であっても、いくつになっても頑張らなきゃいけないんですよ。

 頑張りましょう。私も頑張って働いて「人は一生懸命働けば豊かになれる」という当たり前の事実を私自身で証明していきたいと思っています。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/844-6321971c

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。