税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 生きにくい国、ニッポン。  

生きにくい国、ニッポン。

2011 - 02/20 [Sun] - 02:55

 なんか本当に世の中が嫌な方向に進んでいますね。法律、権利、主義、主張、裁判・・、子どもの文句と一緒ですね、全てが「そんなん法律のどこに書いてあんねん。書いてないんやったら何してもええんとちゃうのん!」。

 就職しても働かないで労働者の権利だけを主張して給料をせしめようとする若者たち。全ての不満を民事訴訟に持ち込み法律とカネで解決しようとする人達。学校に給食費を支払おうともせず、それでいて給食は子どもに食べさせろと権利だけ主張するモンスターな親たち。

 私はずっと以前から20年以上前に日本中を踊らせたバブルが当時の子供達に与えた影響が将来の日本において心配だ、と懸念していました。その意味は、旧来のモラルが崩れて「手段を選ばずカネを沢山稼いだ者だけが偉い」という基準を幼少から見て、そして親から刷り込まれた子どもが大きくなったときに世の中が善悪のモラルよりもただ拝金主義だけに侵されてしまうのではないかと心配したのです。

 果たして世の中はどんどんその方向に向かっています。結局のところ冒頭に書いた話も全て「カネ」にまつわる話ばかりなのです。如何にして気に入らない相手から「カネ」をせしめてやろうか、如何に何もしないで「カネ」を稼ごうか、まさしくバブルの頃の土地成金、株成金と同じ発想です。

 ただバブルの頃はまだ土地や株という現物をカネのネタにしていたからまだマシでした。今の日本ではそのような現物の転売で儲かる商売などなくなってしまったので、今は「権利」を主張して「権利を侵害した」相手から慰謝料というカネを分捕るという商売が横行しています。

 以前であれば近所に恥ずかしくてできなかったような訴訟だって、モラルが失われたバブル時代の親子連中は平気でやります。だって彼らの価値基準ではモラルよりもカネの方が遙かに重要だからです。モラルのない連中はひたすら「どうやれば楽に金がもらえるか。どうやれば相手を法的に騙せるか。」そんなことばかりに頭を使っています。

 武富士の贈与税租税回避事件の最高裁判決の結果をみて、もう日本という国がこれからモラルよりも明文化されたルールとカネだけを基準とした社会に向かっているのだなということを痛感しました。もう人々のモラルに期待して自分が何かを行うということは自分が損をするだけではないかとも思うようになりました。

 自分の行動が「法的に問題ないか」「相手から訴えられる落ち度はないか」ということに常に神経を尖らせなければならない気がしています。でも「法的に問題がないか」なんて、本当はそんなことが人間の判断基準の1番目に来ちゃいけないんですよね、絶対に。

 法律というのは人間の長い間の日常の慣習、モラルから導き出された最低限全ての人が従うべきルールにすぎないのです。つまり「最低限のモラル、ルール」にすぎないのです。言い換えれば「法律に違反していなければよい」という考え方は「人間として最低限のルールさえ守っていればよい」という話なのです。

 そんな低いレベルの判断基準で人々の全ての行動を善悪を決めるなんて、そりゃ世の中訴訟だらけになりますよ。本来最低限の世の中のルールである法律に、時代や人の感情を反映させた「モラル」が加わって物事の善し悪しを判断するからこそより多くの人が納得できる高度な基準ができるわけです。

 もうメチャクチャだわ・・。義務もまとも果たしていないような連中が権利を主張して、しかもその権利が優先されるだなんて最悪な社会です。その連中の権利を実現させるために多くのまともな人達が損を被るなんてどう考えてもおかしな社会です。

 人々の高いモラルが日本の発展と成長を支えてきたといっても過言ではなかったのに、それがほとんど失われてきた今の日本においては豊かな将来を想像することができなくなってきています。人々がモラルに基づいて仲良くして協力してきたたからこそこれだけの国に日本がなれたのに、人々がモラルを失い自分の権利だけを主張するようになってしまったら、こんな何もない国が落ちていくことなど想像以上に簡単な話です。

 それが世の中の流れ、といってしまえば簡単な話です。でもそのことによって失ってしまったモノも相当あります。何より日本が「生きにくい国」になってしまったことがその全ての結果を物語っているように思います。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/841-16b6a2a5

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード