税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > ロシアが北方四島の軍備を増強だとか  

ロシアが北方四島の軍備を増強だとか

2011 - 02/10 [Thu] - 11:50

 先日の菅首相の「許し難い暴挙」発言を受けてロシアが千島列島、北方四島の軍備増強を検討しているとの報道がありました。

 この報道の表面だけを受け取れば、ロシアが先日の菅首相の発言に反発して、北方四島があくまでロシア固有の領土であるという事実を主張するために、日本側に対抗して軍備増強を図るかのように読み取れます。

 でもこんなもの、本当は違うんですよね、絶対に。だってロシア側から見れば絶対に戦争を仕掛けてこない日本の首相がどれほど北方四島のことで吠えようが叫ぼうが、痛くも痒くもありませんもの。本来は無視して放っておけばいいだけの話なんです。

 しかし今回ロシアはこの無視すればよい日本首相の発言をわざわざ取り上げて反応しました。なぜなら結局ロシアから見ればこの菅首相の発言は千島列島と北方四島への軍備増強と実効支配を強めるための「対外的な理由」を与えてくれることになったからです。

 ロシア国内に対しても「日本がこんなことを文句言ってきたから、ロシアとしては日本からの脅威から我が国民が暮らす領土を守るために軍備増強を行わざるを得なくなった」と説明して国民の理解と支持を得ることができます。当然国外に向けても同じ内容を利用してロシアの北方四島への実効支配強化と軍備増強を正当化することができます。

 ですからね、日本の首相、政治家は戦略のない発言を戦略もないのに行っちゃいけないんですよ。結局戦略を持っている交渉相手国に発言の揚げ足をとられるだけなんです。ロシアから見れば今まで国際的に微妙な問題もあるので北方四島については押したり引いたりをして様子を見てきたわけですが、今回の菅首相の発言を渡りに船とばかりに北方四島を完全支配しようとしてきているわけです。

 民主党政権になって日本の防衛が弱くなっていることをロシアは見越し、そして日本国政府に北方四島を取り返すための戦略も強い意志もないことをロシアは確信したからこその一連の動きなのです。

 先般ブログに書きましたけれども、本気でやる気があるわけでもないのに軽々に「許し難い暴挙」だなんて発言するんじゃないですよ。本当にいじめっ子といじめられっ子の関係と一緒。いじめられっ子がいじめっ子のいないところで「あいつは本当に腹立つ。いつかやり返してやる。」なんてボソッと言うと、それを伝え聞いたいじめっ子がニヤッと「お前、裏でナメた口きいてるらしいな?」と言って、更にいじめられっ子をボコボコにするのと同じ話です。

 本気で戦って勝つつもりもないのに、裏でお調子よくロシアの批判なんかするからロシアに良い口実を与えるだけに終わるんですよ。バカですやん。首相じゃなく党の役員とかに発言させておけば良かったものを首相自らあんなことを言うからロシア側から完全に外交問題にすり替えられています。アホ丸出し。

 ロシアがこう来たわけですから、次は中国ですよね。迂闊なことを首相が発言すれば中国も軍隊を尖閣あたりまで押し出してきますよ。いや、首相が発言しなくても中国側には「日本の首相はロシアに対してあんな発言をした。我が中国に対して何をしてくるかわからないので予防策をとって軍備増強しなければ」という筋書きで先手を打ってくるかも知れませんね。

 まあホントにバカな首相にバカな政府、そしてバカな与党ですね。全くケンカにもなりません。外交はケンカなのに、ケンカが弱すぎ。今の民主党政権は、勉強ができて口だけ立つけど、腕っ節はまるでなくケンカなど一度もやったことがないのですぐに殴られて謝る優等生みたいなもの。これじゃ外国とケンカできるわけありません。

 とりあえず今日本がしなきゃいけないことは、北方四島と竹島はあきらめるとしても、尖閣諸島だけは絶対に死守しなければなりません。そのためには石垣島あたりにしっかりと自衛隊を駐留させることです。自国の領土を守るためであれば本気で戦うことも辞さない意思を中国と周辺諸国に強く示すことが大事です。

 日本が軍隊を使って本気で領土を守る姿勢を見せれば、ロシア、韓国、北朝鮮だって日本に対する見方が変わってきます。今までのように腰抜け、弱虫を見るような目で日本を見ることから多少変わらざるを得なくなるでしょう。

 そうやって「ケンカをしない弱虫」から「場合によってはケンカをする相手」に格上げされることで、ようやく日本は周辺諸国とまともな外交交渉の相手とみなされることになるのではないでしょうか。とにかく外交は自国の領土と利益を守るためのケンカですから、政府や首相は何の戦略もケンカをする本気さもないクセに不用意な発言を軽々しくしないことですね。

 尖閣の事件と言い、今回のロシアの件と言い、もうそろそろ民主党政権も外交について学習しなきゃいけないんじゃないでしょうか?税制改正論議と言い、外交や普天間基地移設の話しと言い、民主党政権は本当に何も考えてなさすぎ。もうあきれかえっちゃうくらいですね。

 政権運営能力ゼロです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/831-ba328e92

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード