税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> スポーツ > 相撲の八百長  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相撲の八百長

2011 - 02/04 [Fri] - 14:02

 相撲の八百長事件、世間を大騒ぎさせていますね。なんでも消したはずの携帯メールが復元されて八百長の内容とやり取りされた金額を伺わせる内容が明らかになったのだとか。

 相撲の八百長ねぇ・・。皆さんどう思われます?やっぱり腹立たしいと思われる方が多いんでしょうね。私も相撲は昔から大好きで、暇なときはよく相撲の取り組みをNHKで見ていますけど、でもいまさら八百長って言われてもねぇ・・。正直取り組みを見ていれば、なんとなくその存在は感じますでしょう?

 例えばカド番の大関の成績なんか面白いですよね。確かに今では大関から陥落する力士は何人もいますが、ちょっと前まではカド番の大関は絶対に勝ち越していましたからね、不思議なくらいに。それと今回の事件でも言われていますが、7勝7敗で千秋楽を迎えて取り組みの相手が既に勝ち越しを決めているような場合であれば、これまたなぜか星が五分の力士が勝って8勝7敗で場所を締めるケースが非常に多いんですよね。

 だからそのあたりは昔からあうんの呼吸と言いますか、そりゃ相撲だって人情が入らないわけないですからね、一対一で戦うわけですから。番付に影響がない相手に一つ負けてもらうことで自分の番付保全を図って、その借りを違う機会に返していくなんてことは、そりゃあるだろうな、と思うわけです。

 現実問題として毎日ガチンコ勝負してたらいくらプロの相撲取りと言っても体もちませんよ。多少は調整したいときだってあるでしょう。プロ野球だって調整登板とか負け試合とかあるじゃないですか。相撲取りだって調子が悪いときはあっさりと負けたいし、逆にお互いに影響がないところで星の調整をすることだってあるでしょう。

 まあ大相撲ってショーですもの、ショー。格闘技ショーですよ。だけれどもそこら辺にいる誰にでもできるショーじゃあないんです。やはりそこは素質に恵まれた者達が日々猛烈な鍛錬をして常人が到底たどり着くことができないレベルに到達した人達だけが、日ごろの鍛錬の結果からくり出すショーなんです。言ってみればサーカスや手品みたいなもの。

 世の中の誰が手品のショーを見て「あんなのインチキだ。本当にコインが消えるわけない。」なんて憤慨しますか?そんなもの手品なんだから消えるわけないじゃないですか。種も仕掛けも有るに決まってるじゃないですか。でもその種も仕掛けもわからないようにコインを消えてみせるのが日々のマジシャンの鍛錬の賜じゃないですか。その見事なワザを見て「凄ーい!」って驚いていればいいんじゃないですか?

 大相撲だって一緒ですよ。もちろん多くの取り組みはガチンコであるでしょう。しかし中には素人目に見ても明らかに「負けてくれた」相撲があるのも事実です。でもそれも含めて大相撲。一流マジシャンのショーを見るのと同じように、鍛え上げたプロ力士の連中がウソでもガツーンと当たって力相撲を演じている一流のショーを楽しめばよいのです。で、見て楽しんだ結果一番強そうな人が横綱になってくれればみんなまた盛り上がるわけですよね。

 私はそう言う気持ちで昔から大相撲を見ていたので今回の八百長報道も別に驚くニュースではありません。もちろん相撲取りの中には一切八百長と縁がない、と断言できる人も多少はいるかも知れませんが、私が長年相撲を見る限りではその可能性はほぼゼロです。まずどの力士も八百長、というか取り組み力士同士のある程度の「出来相撲」に協力してきているはずです。それを伺わせる不自然な取り組みは番付にかかわらず毎日一つや二つ必ずあるからです。

 でもテレビでは「相撲報道記者歴何十年」という人達が出てきて「腹立たしい」とか言っていますよね。でも逆に言えば「お前何十年も相撲を目の前で見てきて八百長があるかどうかも気がつかないほどお前の目は節穴なのか?」って気がしますよね。そんなわけないでしょう、綺麗事言い過ぎですよ。何十年も相撲見てきて気がつかないなんてただのバカですやん。そんな程度の目なら相撲記者なんか辞めてまえや、って思いますね。

 それから「元関脇」とか「元小結」みたいな人がテレビに出てきて「いやぁ、私が現役の頃は一度も八百長なんてやったことはないですねぇ」なんてシャアシャアと言いますが、「ホンマか?お前ホンマにそれ断言できるんか?ホンマにお前が現役の頃八百長が100%なかったと言えるか?お前が知らなかったとホンマに言えるんか?」って逆に訊きたくなりますもんね。みんなウソばっかり、綺麗事言い過ぎ。

 そもそも相撲の八百長を取り締まるルールがないってところからしておかしいですもんね。ルールがないってことは、裏を返せば「それが当たり前だから取り締まることなんて端から考えてない」ってことですからね。大相撲は真剣勝負だ、と思って見ていたファンの方々はさぞかし失望するのでしょうが、まあ日本古来のプロスポーツですからね、そこまで真剣勝負を期待して見ているのもどうなのかな、って気もしないでもないですけどね。

 んー、それでも私は大相撲好きですよ。もしまた次の大阪場所のNHK放送が無くなったり場所そのものが無くなったりすると寂しいですね。でも八百長で世間の批判が高まれば相撲協会の公益法人認定は取り消されちゃうでしょうね。税金いっぱい優遇されてきたわけですから、そのあたりの批判を浴びるのは当然かな。

 そう考えると世の中には日本各地に多数の巨大な施設を保有しているような宗教団体っているじゃないですか?あの組織は宗教法人として公益認定を受けて税の優遇を受けているわけですが、あそこまで財力をため込んで資産を買いあさることができるまでに肥大化することが果たして本来の公益法人に対する税の優遇措置の目的に即しているのかどうか甚だ疑問に感じますよね。

 相撲協会の公益法人問題を語るのであれば、世の中で贅沢三昧を尽くしている数多の宗教法人に対する公益法人税制の適用の可否も併せてチェックして欲しいものですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/828-9fbbbfc7

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。