税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国際・政治 > 菅改造内閣に期待する?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅改造内閣に期待する?

2011 - 01/18 [Tue] - 11:36

 先日菅改造内閣が発足しましたね。誰がどの大臣になったのかはマスコミが一生懸命報道してくれましたのでそちらで確認していただければと思います。

 早速に各マスコミは世論調査を行ってこの改造内閣に関する世間の評価を報道しています。まあ世論調査というのは人気投票みたいなものですから、世論調査で大半を占める意見が正しいとも言えないのであくまで参考程度に留めるべきだと思っています。

 だって世間の大半の人が「よい」と思った施策を行ってもっと景気が悪くなったからといっても、世の中の人は誰も責任を取りませんからね(笑)。私のこのブログと一緒で所詮無責任な意見なんですよね。実際にちょっと前までは「消費税増税反対」だったのに今回の世論調査ではほぼ半数が「消費税増税賛成」。本当にきちんと考えてそう言っているのか、ただ単にマスコミで「財政再建のためには消費税増税やむなし」という意見が多くなってきたからそう思っているだけなのかわかったもんじゃありません。

 まあそんな世論調査にあって「菅内閣に期待するか?」という質問について確か過半数近くが「ノー」と答えていたと思います。もちろん「まだ何もやっていないのだから判断できるはずがない」という冷静な意見もありましたが、多くの人は菅改造内閣に余り期待をしていないように見えます。

 私個人の意見としても、ええ、ほとんど期待していません。というよりも「全く」期待していません。だから閣僚の人事についてもほとんど関心がありません。なぜ期待しないか?それはこの一年以上にわたる民主党の政権運営能力の無さと菅直人という人間に首相としての資質がないと判断しているからです。

 政権を担うにふさわしくない人材の集団を率いて、自分の発言の重みもわきまえないでできもしないことを並び立てて言い訳ばかりする菅直人という政治家(市民活動家?)が作った内閣にこれからもまともなことなどできるはずがないからです。

 これは資質の問題ですからどうしようもありません。特に我々のように民間で事業を行っている人間から見れば今の民主党政治は最悪の一言。菅になってからなおさら悪くなってきています。何しろ社会主義が信条の総理大臣ですからね、全く話になりませんわ。

 社会主義信奉者って、本当にお金持ちとかビジネスで成功した人が嫌いなんですね(笑)。そういう人達から強制的に金を巻き上げて中央に貯めたり世の中に分配することしか考えていないんですよね。金持ちにお金を使ってもらって景気を下支えしつつ世の中にお金を回していこうという考えを全く持っていないんですよね。

 そして政府は大きい方がよいと思っている。いや、それは当然なんですよ、社会主義というものはお金も権力も中央に集中させて、そこが全てを牛耳る考え方ですからね。政権のトップに近づけば近づくほど絶大な権力と財力が得られる仕組みだからです。

 だから社会主義を信奉している人は当然ながら権力を握ろうとするんです。いや逆か、権力を握るためには社会主義を主張する方が都合いいのかな。もちろん今の日本では例え今のように社会主義思想の連中が政権を取っても彼らにカネが集中するわけではありません。

 しかし施策に中央集権の意図が現れるのです。大きな政府で富を政府に集中させて民に分配してやる、という思想が税や補助金をはじめとするさまざまな施策に反映されるのです。もちろん社会のセーフティネットとしてある程度の弱者保護的な社会主義的側面は日本という国家にとって必要だと思います。ただ社会主義はその中央集権的考え方ゆえ、世の中がどんどん歪んでいってしまって国家として権力者だけを富ませる非常に危ういシステムなのです。

 社会共産主義を代表する旧ソ連、中国、北朝鮮を見ているだけでその国家としての危うさがわかりますよね?基本は中央集権と経済情報統制です。自由はないんですよね、思想的に。だから必ず国内のどこかで常に暴動や反乱が起きてしまうのです。だって社会主義は「人民の平等な幸福のための政治」といいながら、実際には民のための政治じゃなくて、富と権力が集中する官のため、権力者のための政治だからです。

 長々と下らないことを書きましたが、まあそう言う思想を是とする首相達がいる政権が今の民主党です。そりゃ民間のために、民間が栄えるような政治を行うはずがありません。民が栄えてクーデターでも起こされたら困りますからね(笑)。そして情報は統制しなければなりませんから当然ながら政権にとって都合の悪い情報は一切漏らしません。

 とにかく民主党、特に菅がやっていることは、自分が野党時代にあれほど自民党政権を批判していたクセに自民党時代よりもヒドい密室政治と選挙公約違反を平気で行っています。菅改造内閣のこれからに全く期待しない理由は、リーダーである菅直人という人間が行ってきた今までの行動から見て全く信用できないからに他なりません。

 最近の新聞によれば、TPP参加を促進させるために農地を有効利用しようとする農家に補助金を出すとか出さないとか。こんなの今までよりももっとヒドいばらまきになるだけで、なんで税金使ってやる気のない農家を助ける必要があるのかさっぱりわかりませんね。そんなもの農地の売買や所有、利用方法の制限や田舎特有の様々なしがらみや制度を見直していく方が先だろうに、まずカネをばらまくことしか考えないところがさすが社会主義政権です。全く信じられませんね。

 菅改造内閣に期待なんてできるわけありませんよ、だって今までの実績から見たら期待できるはずありませんもの。狼少年が信用されないのは当たり前ですよ。もうそんなことよりも我々はこんな下らない民主党、菅の政策などには期待せず、我々自身の力でこの苦しい状況を打開する方法を考えて実行していくことの方が大切なんじゃないでしょうか。

 こんな下らない政治に期待したり頼ろうとすることはもうヤメです。こいつらがこれから行うことなんてドーでもいいです。どうせ何もしてくれないし、何もできない政治家達なんですからもう一切期待はしません。期待しない代わりに我々自身が頑張って、考えて、実行していくことで景気を改善させた方がマシです。

 だからなんか最近はそんな気になってきています、あまりに政治が悪いので。まるで中国人が自分の国の政治を信用していないので金儲けと蓄財と保身が上手いのと同じ事かも知れません。日本も政治家がダメで、しかも社会主義的方向性を強めれば、結果的に民の自助努力は強まるかも知れません。

 まあこんな下らない政治なんか無視して、私たちは自力で状況を打開していきましょう。政治にはせいぜいその邪魔をしないようにだけ気をつけてもらいたいものです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/807-3a6c4d22

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。