税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 年をとっただけなのに偉そうにする人  

年をとっただけなのに偉そうにする人

2010 - 12/22 [Wed] - 00:44

 ふとツイッターを読んでいて「そうそう」と思った話を。

 ソフトブレーンの宋さんのツイートで「年齢と人格とは殆ど関係ない。年をとっただけなのに偉そうにする人。」という書き込みがあって妙に納得しました。確かにいますよね、どんな世界でもこういう人。

 特に私がいつも見苦しいなと思うのが体育会系の上下関係。あれどうにかなりませんかね。例えばプロ野球のインタビューなんかを見ていても、明らかに実績も能力も劣っている元プロ選手がイチローなどに対して上から目線で技術論などをタメ口でしゃべっていることがありますよね。

 そりゃイチローだって体育会系のノリで後輩ですから大先輩からどんな失礼な質問が出てこようと、どれほど横柄なしゃべり方をされても敬語で応対していますけど、端から見てると「お前先輩や言うだけで何様やねん!」と思っちゃいますよね。

 本当に体育会系の上下関係だけは不思議でしょうがありませんね。確かに自分より早く生まれた人に対しては「亀の甲より年の功」と言いますから敬意を表すべきだと個人的には思っていますけれども、だからといって年上の者が何十年経っても年下に対して偉そうに振る舞うのは見苦しいですよね。

 だってスポーツって実力の世界じゃないですか。そんなもんどれだけ年下の選手であろうと自分よりも良い成績を残した選手に対しては敬意を表すのが当たり前でしょうに。だってお前よりずっといい成績残してんだから。だから例えプロ野球の大先輩であったとしてもイチローや王さんには誰であれ敬意を持って話しかけるべきですよね。

 例えば現役時代に数百本くらいしか安打を記録してないようなヤツがイチローに対してバッティング技術などについてタメ口でインタビューしたりアドバイスをしようとするなんて、滑稽を通り越して失礼だと思いますね。仮にも体育会系の人間なら、年の功も大切ですが実力が自分より上の者に対して素直に敬意を示すべきだと思いますね。それができないで先輩風を吹かしているようなヤツなんて最低なヤツです。

 会社の先輩後輩だって一緒です。後輩に対してやたら横柄な態度で接する人がいますが、バカですよね。いつか自分よりも優秀な後輩にポジションで上に行かれたときどうするんでしょうね。上司になるんですから当然敬語でしゃべらなきゃいけませんよ。今までさんざん呼び捨てにしてた後輩に対して敬語でしゃべるハメになるのです。かっこ悪いったらありゃしない。

 そう言うヤツに限って、その優秀な後輩がいないところでそいつの悪口を言ってたりするんですよね。「あいつのこういうところがなってない」とか「あいつは今までの常識を守ろうとしない」とか。仕事の評価で負けてるヤツが、遙か先を行く後輩の批判を影でコソコソやってるなんてかっこ悪くて仕方ありません。まさに負け犬の遠吠えというヤツです。

 だから賢明なのはたとえ後輩であっても最初から名前はさん付けで呼び、普通に丁寧な言葉で話すことですね。そうすれば万が一社内での立場が逆転しても急に態度を変える必要はなくなります。大企業の役員になって、しかも周りから敬意を集めるような方は必ず目下の人間に対しても敬語を使って話してくれますので、これは見習うべきだと思いますね。

 昔友人の結婚式で某ビールメーカーの社長さんが来賓で来ておられましたが、その方の腰が低いこと低いこと。トイレに行く際に式場の出入り口でその方と入れ違いになったのですが、きちんと私のために丁寧に戸を開けたまま待っていてくださいました。営業出身だから習慣になっておられたのかも知れませんが、財界の有名人になられても私のような見も知らぬ若造にまで丁寧なマナーを示してくださるところにその方の人となりを感じました。

 この社長などはまさに「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を実践されている方ですよね。ある人が偉いか偉くないかは周りの人が決めることであって、自分から「俺は偉い」というような話じゃありません。大体「自分は偉い」と思っている人はその気持ちが言動に表れていて、端から見ているととても滑稽であり、かつとても醜く思えます。

 体育会系の先輩が後輩に対して学校を卒業して何十年経っても横柄な態度で接するのはまさにその典型です。後輩から自然に大先輩に対して敬意が集まるのであればまだしも、自分から敬意の押しつけをしているような人間は本当に醜い存在だし、なんの魅力もありません。税理士の世界にもいますよね、「俺は偉い税理士先生だ」というのが態度に出ている人。とても醜いです。

 やはり人間いつまでも人との付き合いにおいては謙虚でフラットな付き合いを心がけていきたいものだと思います。もちろん年上の方々に対しては人生の先達として常に敬意を払うことも忘れないでいたいものです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/790-436c16b0

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード