税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 民主党、茨城ショック・小沢招致で混迷深まる  

民主党、茨城ショック・小沢招致で混迷深まる

2010 - 12/13 [Mon] - 17:09

 民主党が小沢氏の国会招致の件で党内対立しているそうなんですが、もうそもそも水と油くらい考え方が違う連中が「打倒自民党政権」という目標で呉越同舟で党を組んでいたのが民主党なんですよね。言ってみれば政権交代を果たすためだけに「大連立」して一つの政党を作っていただけの話なんです。

 だからもうここまで党内対立が激しくなってくれば、さっさと党を割ればどうですか?今政府は左派の菅・仙谷ラインなわけですから、小沢を中心とする元自民党系の議員達は非主流派になっています。

 この小沢を中心とする非主流派が党を出ていけばいいじゃないですか。こんな体たらくな状況において民主党にとどまっておく必要など何もないでしょうに。

 それで小沢を中心とする勢力は新たに保守政権樹立を目指して行けばいいじゃないですか。といっても小沢がいる限り警戒して連立を組もうという連中は減るかも知れませんが、しかし政治は数ですからその新しい政党が小沢を中心にして国会内で数を取れそうだと見込まれれば、目先だけで動く政治家連中が勝手に集まって来るかも知れませんね。

 小沢派が出て行ってしまえば民主党は数の面から言ってもおしまいですわね。菅や仙谷が何を一生懸命しようとしても予算案も法案も一つも国会を通らなくなります。民主党政権の終焉は選挙によって負ける時に訪れるのか、それとも党内分裂によって訪れるのか。

 税制改正を見ていてもわかるように、民主党の政治は時間が経つごとにどんどん混迷を極めて行っています。茨城県議選の影響がどこまであるのかわかりませんが、選挙に弱い政党は急速に求心力を失っていくのは周知の事実です。

 民主党が選挙で勝てたのは小沢が選挙参謀をしていたときだけ。菅を中心とする左派が中心勢力となってからは選挙では負けてばかりです。当然党内でもこのまま菅が中心で党と政権が進んでいけば自分の議席を心配する声が高まってくるでしょう。

 それを立て直すアイデアを党首脳がもっていない場合、党の分裂は避けられない事態なのかも知れません。そうなるとやっぱり「党分裂→衆議院解散→民主党消滅」という流れになるのかなぁ。

 あーあ、ますます日本の政治は混乱するなぁ。良い大学出てるだけじゃ政治ってできないものなんですね(笑)。難しいね、政治って。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/777-ac17649d

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード