税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 菅総理は「仮免」気分なのだそうで・・。  

菅総理は「仮免」気分なのだそうで・・。

2010 - 12/13 [Mon] - 11:08

 菅総理が自身の政権運営を振り返って「これまで『仮免許』だったが、これからが本番で、自分の色を出していきたい」と語ったのだとか。

 ほほぅ・・、ということは今まで総理大臣を「仮免」状態でやっていた、「私は本免許とってなかったので、横に教官を乗せておっかなびっくりしながら、時に横から怒鳴られたりブレーキ踏まれながらやってきました」ってことですかね。

 じゃあ横でブレーキ踏んでた偉い教官は「Sengoku38」かな(笑)?そんなに尊敬すべき教官だとも思えませんがね・・(笑)。まあこんなセリフが出てくるところが民主党の甘っちょろいところなんですよね。ハトといい、カンといい、どっちもどっちというか、話にならんというか・・。

 仮免許気分で政権運営なんかされたら迷惑なんですよね、はっきり言って。総理大臣になったその日から命がけで全力でやってもらわないと。私はそういう人しか総理大臣にはならないと思ってましたけど、民主党はどうやら違うみたいですね。「仮免気分」で総理大臣ができる党が民主党のようです。

 税制改正の話にしたって混迷を極めています。景気対策の「け」の字も前面に打ち出そうとしない菅ですから、そりゃ税制改正が上手くいくはずありません。法人税減税も5%だの、いや3%だのと小さい話で揉めています。

 官僚を使いこなせる大臣が多分一人もいない政権なので、今回の税制改正は大蔵官僚にいいように仕切られっぱなしでしょうね。だから代替財源の議論ばかりが先立って減税の話が全くまとまらないのでしょう。

 本当に民主党政権は「代替」という言葉に翻弄されぱなっしですね。沖縄の普天間の話にしても「代替地」、そして税金にしても「代替財源」。そのいずれにしても「代替」案を民主党が提示できないので先延ばしになってばかり。

 政治決断、ってことができない政党なんでしょうね。左も右もグチャグチャな寄せ集めの党ですからね。ごちゃごちゃ反対してくる奴らを「俺がこれで行くと言ったらこれで行くんだ!」と寄り切って決断できる政治家が一人もいないんでしょうね。

 本当に冒頭の仮免発言だけでなく菅の腑抜け具合にはただただ呆れるばかり。ハト、菅と続く本気の無能政治家が総理大臣になった日本という国の国民は本当に不幸ですね。民主党が政権を取ってからのこの一年で何か政治的な結果を残したんでしょうかね?

 子ども手当をばらまくことだけに必死で、全ての論議がそればかり。何か一つ実績を作ろうとしているんでしょうが、実績づくりの方向が間違っているとしか言いようがありませんね。世の中がお金で動いている以上経済対策に手を付けようとしない政権は間違いなく失格です。

 それを全く行おうとしない菅政権も当然失格です。半年経ってようやく「仮免気分」が抜けたような総理大臣に政治をしてもらいたくありませんね。すぐ辞めて下さい。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/774-7a368cd7

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード