税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 日航がストするんだってさ・・。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日航がストするんだってさ・・。

2010 - 11/29 [Mon] - 10:53

 日航客室労組がクリスマスのストを行うつもりなのだとか。

 → 日航客室労組スト設定=整理解雇撤回求め―12月下旬

 ふーん、やっぱり日航ってどこまで経営が悪くなっても、やっぱり日航ですね。日航の社員って会社がこのような経営状態になってしまったことなどどこ吹く風で、一番の繁忙期にストやって会社と顧客に迷惑をかけてやろうってわけですね。会社のことを「カネをくれる機械」くらいにしか思ってないからこういうことができるんでしょうね。

 だからダメなんですよ、日航の労組は。こんなん数十年前の労組のやり方ですよ。それがまかり通っていた今までの日航もおかしかったけれども、いまだにこんなやり方のストで自分達の保身をはかろうとしかしない労組なんて、世間の誰からも支持されませんよ。

 まあそりゃ労組としては会社がこんな状況になって組合員が整理解雇されそうな状況になってくればストしか手段はないのかも知れません。でも逆にいえばそれが労組の能力の限界、というかその程度の対抗策しか考えつかないところが労組の最大のダメなところなわけです。

 前にも書きましたけれども、会社という器があって、会社に雇われているからこそ組合活動だってできるわけです。会社が無くなってしまえば組合活動したくでもできないわけですからね。だから会社の経営を悪化させるような対抗手段を取るなんて、ものごとの順番が違うんですよね。

 自分達の権利と保身を主張するのは結構ですが、その要求が通っても結局会社が潰れたら意味ないじゃないですか。そうやって長年やってきた結果が今回の会社更生手続になったわけですからね。

 もう日航の労組なんて何やってんだか、の世界ですね。「勝手にやってろ」って言いたくなりますよね。別に日航が無くなっても他の航空会社がシェア伸ばして上手いこと隙間を埋めてくれますよ。今まで沢山の給料をせしめるだけせしめておいて、そのせいで日航の運賃も高止まりして利用したくない人が増えてきていたのに、いまだに暢気なもんですね「ストやろか」だなんて。

 空気読めてなさすぎですよ、日航の従業員達。一旦会社潰して社員を全員解雇して一から再スタート切った方がいいんじゃないですかね。本来会社の最大の資産になるべき「人」が、日航の場合最大の「負債」ですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/742-fc5ed1a2

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。