税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国際・政治 > 菅総理「支持率1%でも辞めない」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅総理「支持率1%でも辞めない」

2010 - 11/28 [Sun] - 01:08

 菅総理がハトと会談して「たとえ内閣支持率が1%になっても辞めない」と話したのだとか。菅総理の逃げない姿勢と力強さ、決意を伝える言葉なのでしょう。

 しかし、正直言って支持率が1%になってしまったら辞めてほしいですよね(笑)。だってそこまで有権者の支持がない状態で続けてもらうほうが迷惑ですもんね。もし菅総理が野党の立場だったら間違い無く支持率1%の総理大臣に対して「世間から不信任を突き付けられているのだから、今すぐ辞任しろ!それができないなら衆議院を解散しろ。」と激しく迫るでしょう?

 自分が野党の時はそう言うのに、自分が与党になったら民意を無視して居座り続けるのは筋が通りませんよね。もう既に内閣支持率は10%台に突入してきており、低下傾向はこれからも続くと思います。たぶん菅総理は意外と短気ゆえのしょぼさがありますから、支持率が15%を割るレベルになってくると党の内外からの圧力や世論の退陣要求に屈しちゃうでしょうね。

 その時に短気を起こして総選挙をするかどうかですよね、一番興味が有るところは。でも総選挙を行うと民主党は大敗まちがいなしですから、党内情勢としては総理の首のすげ替えでかわしていこうとするでしょうね。その意見に菅が冷静に対応することができるか、それとも仙谷もろとも自爆の解散を選ぶかですね。

 まあ自分で「1%になっても辞めない」と言ってみたものの、果たしてどこまでそれができることやら。意外と支持率が一桁近くになってくるのは早いと思いますよ。だって今から国際情勢は北朝鮮、中国あたりを中心に難しい対応を迫られますし、国内対策も全然有効な手を打つことなく年を超えるでしょうからね。

 予算を成立させて税制改正を行うという重要な国会審議が目白押しなのに、またねじれ国会で時間がかかりそうです。菅総理の指導力のなさに支持率はすごいペースで下がってしまい、いずれ耐え切れない状況に陥るでしょうね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/738-a7dc2c12

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。