税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > さすが朝日。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすが朝日。

2010 - 11/05 [Fri] - 12:09

 今回の尖閣ビデオ流出について、さすが朝日ですね。このビデオ流出という「最悪」の事態が起きたことで「今後の日中関係の悪化が懸念」なのだそうです。

 なんで「最悪」なの?他の局では「よくやった」という人もいましたよ。普通多くの日本人ならばモヤモヤしていた疑問がすっきりすることができたのでそう思うでしょうに。それになんで「今後の日中関係悪化が懸念」?中国側が一方的に悪いのに、なんでこっちが「懸念」する必要があるの?懸念しなきゃいけないのは悪いことした中国側でしょうに。

 バカじゃん。日本側とすれば「どうやって中国が事態を収め、日本側に謝ってくるか」ということに最も興味があるのが普通でしょうに。なのになんで日本側が日中関係の悪化などを心配しなきゃいけないんでしょうか?

 あのね、そもそもこの事件で日中関係が悪くなるかどうかは中国側じゃなくって、日本の国民感情にあるわけですよ。だって当たってきて悪いことをしているのは中国側ですもの。領土がどうの、領海がどうのといった別次元の話はあるにしても、今回の拿捕事件に関してだけ言えば勝手に中国漁船が日本の海上保安庁の船に当たってきているのですから許すか許さないかは日本側が考えることであって、中国側であるはずがありません。

 そもそもこんな事件がロシア領海であったら間違いなく日本漁船は爆撃受けて沈んでますよ。そこまでしなかっただけ感謝して欲しいくらいですね。日本の温情だと思って欲しいくらいですね。

 でも本当に世の中にはバカなマスコミがあるもんですね。日本のマスコミのくせに、日本のための報道をするのではなく日本を貶めるような報道をするなんて、本当に信じられませんね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/687-50530828

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。