FC2ブログ
税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > J-SaaSのアンケート  

J-SaaSのアンケート

2010 - 10/22 [Fri] - 11:44

 ちょうど今し方フジツーというところから電話が。何でもJ-SaaSに登録している人に対してアンケートをしているようでその運営会社であるフジツーが電話をしているのだそう。

 J-SaaS、フジツー?あぁ、富士通のことね、とようやく事態が飲み込めました。私はまたフジツーという新しい税理士紹介業者がまた私のところに電話してきたんだとてっきり思っていました(笑)。

 「5問ばかりのアンケートをさせてください」というもんですから「いいですよ」とお答えしました。順番は忘れましたけど、

①どこでJ-SaaSを知ったか
②どうしてJ-SaaSを使おうと思ったか
③J-SaaSのどんなサービスを使ってみたいか
④いまJ-SaaSを使っていないが、その理由は
⑤J-SaaSの改善要望点は?

の5つだったと思います、確か。

 で、私は次のように答えました。

①税理士会関係から
②将来中心的なサービスになるかも知れなかったから
③会計ソフト
④顧客が使っていない。料金が高すぎる。ソフトを買った方が安い。
⑤料金が高い

 J-SaaS、すなわちクラウドコンピューティングによる官営の会計税務処理のサービスですが、こんなアンケートをするくらいですから相当使われていないんでしょうね。確か経産省、中小企業庁の肝いりで始まったサービスですが、月額4千円とか1万円とか払ってこんなサービス使う中小企業はいませんよ。

 だって弥生会計なんて2-3万円も払えば買えますやんか。なんでそれ以上のお金を支払って使いにくいクラウドのソフトを使う必要があるのでしょう?

 正直言って、我々プロの目から見るとクラウドのソフトはまだまだスタンドアロンのソフトに比べると機能面、反応面が悪すぎて話になりません。たしかに税理士と顧客が同じデータをネット上で共有でき、しかも同時に同じデータを見ながら話ができるという点は画期的ですが、それ以外の機能は全て劣ってしまいます。

 それでいてあの料金。そりゃ誰も使うはずありません。当初は省庁主導で行うサービスだから相当安いのだろうと思っていましたが、蓋を開ければ業者側のやる気の無さが透けて見える料金の高さ。しかもそれを省庁指導で低価格にすることのできない力の無さ。

 何がしたいのか全く分からないこのJ-SaaS計画、このままでは当初のe-tax同様税金の無駄遣いとの批判の誹りを受けること必至です。だからアンケートしてきたのでしょうが、やるのなら気合い入れて本当にユーザーが喜ぶサービスを提供しなきゃダメですよ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/643-c7582265

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード