税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > 脱税税理士の逮捕  

脱税税理士の逮捕

2005 - 11/09 [Wed] - 12:38

 神戸の税理士が逮捕された。新聞によればその税理士自身の脱税だという。しかも所得隠しは1億以上、脱税額も5千万円超だとか。まあ凄いもんだ。

 実は私もこの税理士と一度だけだが挨拶を交わしたことがある。まあ名の通った税理士ではあったが、これほど儲けていたとは同業者としてもいささか驚いた。何しろ所得隠しを行った後での所得額ですら3年間で7千万円を超えている。それ自体にまず私は驚いた。こんな身近にこれほど儲けている税理士がいるなんて、私もそれ程儲かる税理士になってみたいものだ。

 それにしても脱税で逮捕されるというのは、私の記憶では野村サッチーくらいしか思い出せないのだが、逮捕されるというのは相当に悪質だったということだ。大抵は少しくらい金額が多くても課税当局との争いですんなり認めていれば逮捕までは行かないだろう。

 まあ調査(といっても多分ほとんど犯罪捜査と同じレベル)の時に相当悪態をついたか、証拠隠しを行ったり、調査妨害のようなことを行ったか、いずれにしても脱税行為と同じくらい相当に悪質だったのだろうと想像される。そうでないとただ脱税を行ったということだけでなかなか逮捕までは行かないものだ。もちろん脱税を行ったのが税理士自身の申告だったというのが相当悪質だったのかもしれないが。

 元札幌国税局長だった税理士の時もそうだったが、ちょっと名の知れた税理士は自分にはまさか調査など来ないだろう、という変な奢りがあるのかも知れない。だから今回の税理士も架空給与だとか、職員の給与水増しだとか、売上除外とか普通にやればすぐに足がつきそうな凄くレベルの低い所得隠しを堂々とやっていたわけで、その辺りの神経が凄い。しかも自分の事務所の職員の給与水増しなど良くやったものだ。仮にも税理士事務所の職員、それも有資格者が複数いると聞いている事務所でこの有様だ。

 いずれにしても今回のこの税理士はちょっとやり過ぎたということだ。税の専門家としてのモラルがどうの、とかそう言ったことは私は言うつもりはないが、まあちょっといい加減に押さえておけよ、というところが正直なところだ。確かに税理士の脱税というものは余り出てこないものなのだが、こんなレベルの所得隠しならちょっと税務署のシステムや反面調査で調べれば分かるような気もするし、或いは取引先や職員関係辺りからのチクリあたりから税務署も重い腰を上げたのかも知れない。

 そのようなことがないように私自身は心がけたいものだが、それより何より一度でよいからこの税理士ほど儲けてみたいものだ。それが今の私がほぅ、と唸った一番の点だ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/62-12c1dcd1

「所得隠し」って知っていますか?

毎年のように世間を騒がしている犯罪です!言い方を変えれば「脱税」ですね。所得隠しは今まで多くの事件が起きています。芸能人や大企業においても多々あります。

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード