税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国際・政治 > 尖閣諸島、さてこれからどうするか。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島、さてこれからどうするか。

2010 - 09/28 [Tue] - 10:42

 尖閣諸島問題、少し膠着状況に入ってきましたね。中国側も巡視艇を地域に出してきたらしいですし、当然日本の巡視艇も出ています。現状ではお互いににらみ合っているというところでしょうか。

 でも次に中国がとる方法は、まあ多分中国の民間人、漁師でしょうけれども、そいつらを島に上陸させて中国の旗を島に立て、そしてそのまま居座らせるというパターンでしょうね。そして日本がいくら文句を言っても「中国固有の領土に我が国民が居住して何が悪い。当然のことである。」と平然と言いのけて既成事実化する、という感じでしょうね。

 中国は今まで弱小周辺国に対して行ってきた領土拡大の手法をアメリカの基地がすぐそばにある日本にも使おうとしているわけです。日本をそこまで「弱い国」と見下すことができるほど、中国は強気なわけですね。

 まあ第二次大戦後の北方4島と一緒ですよ。要するに実効支配して、一般住民が居住して文化を形成してしまえばいまさら日本は「自国の領土だ」と主張しても結局は太刀打ちできない、と言うことになっちゃうわけですからね。

 先日も中国はロシアと手を組んで第二次大戦後の事実関係を確認しましたからね。中国は日本の領土を盗るための打合せと仲間作りを綿密に行っています。次はもしかすると韓国・アメリカと手を組むかも知れませんよ。外交って歴史を見れば逆転・裏切りの縮図ですからね。

 まあそういった事態に発展していくことも踏まえて、とりあえず日本側がやらなきゃいけないことは中国側より早く日本人が尖閣諸島全てで生活をはじめることですね。できれば民間人が。そしてその生活支援は日本政府や沖縄県がしっかりとバックアップする。

 とにかく島に上陸して旗立てることくらい一晩でできちゃうわけですから、日本側は早急にやらなきゃいけませんね。で、これらの住民を中国側が強制退去させるようなことになれば、それこそ日本側は猛烈に中国と国際社会に対して抗議すればいいんです。そしてその後も日本人が上陸し続ければ良いんです。

 要は「日本人が住むことが当然である島」という既成事実をどこよりも先に作ることが大切なんです。それをやらないで「日本の島だ」「いや中国の島だ」と言い合っていたっていつまで経っても事態は収まらないんです。

 当然事前にアメリカとはきちんと作戦を練らなきゃいけませんよ。日本はまだ対外的な軍隊を持っていないのですから、中国がどう出てくるか、日本側がどう対処すべきかを含めてしっかりとアメリカと事前に打ち合わせしてから行動しなければなりません。

 現時点ではアメリカしか日本を援護してくれる国はないわけですから、しっかりと事前打ち合わせしてから上陸を実行しないと、またアメリカからもはしごを下ろされて日本だけが孤立する、という今までのパターンに陥るだけです。結局日米安保つったって、アメリカは自国の国益最優先ですからね。アメリカは日本の敵になることだって十分ありえるんですから綿密な事前打ち合わせは不可欠です。

 まあ、中国の立場からすれば自国の領土と平然と言っているわけですから、最悪日本の民間人が居住を始めたら領土侵略といって軍隊が攻撃してくる可能性もありますね。そういったケースも十分にアメリカと一緒に想定しておかなきゃいけません。

 しかし尖閣諸島が日本の領土である、と日本が本気で思っているのであれば、アメリカ、フィリピン、インドネシア、あたりの領土領海問題で中国と揉めている周辺諸国も含めて念入りに作戦を打合せながら尖閣諸島の実効支配をやらなきゃいけないでしょうね。

 それをやろうとしないで中国の出方を待っていたりすると、向こうの方が先手を取って実効支配をしちゃいますよ。ひとたび中国人が島に入植し、その周りを中国海軍に護られるともう日本に打つ手はないですからね。そうなると多分終わりです。尖閣諸島は中国のものになるでしょう。

 これは本当に高度な高度な陣取りゲームです。今はお互いににらみ合っていますが、少なくとも中国は絶対に日本側よりも先に民間人に島へ上陸させたいと考えているはずです。それは絶対に阻止しなければなりません。

 とりあえずまず日本人が住むこと、そしてそれを日本政府がしっかりと護ること、これしか解決策はないですね。残念ながら解決のためには中国軍との衝突も想定しておく必要があります。その覚悟がないのなら、尖閣諸島は中国にやるしかないですね。

 腹立ちますけど、それが日本の「力」です。力ないんですよ、日本には。弱虫はいじめっ子にやられ続けて泣き寝入りするしかないんですね、だって弱いんだもの。それが嫌なら強くなるしかないんじゃないですか?

 世の中全てそうじゃないですか。きれい事じゃないんですよ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/597-590c2b6c

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。