税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国際・政治 > 中国人船長釈放へ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人船長釈放へ

2010 - 09/24 [Fri] - 17:12

 例の尖閣諸島沖の漁船衝突事件で逮捕された中国人船長が釈放されるのだとか。

 ニュースはこちら → 漁船衝突 中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」

 何でも「日中関係と邦人への影響を考慮して」の釈放だそう。相変わらず理由づけがヘタだなぁ。そんな理由で釈放したんじゃ、次に尖閣諸島で同じ事件が起きて逮捕して中国側が騒いだらまたすぐに釈放しなけりゃいけなくなるじゃない。

 そんなもん「必要な取り調べが一通り済んだ。逃亡や証拠隠滅の可能性も低いので処分保留で釈放するだけ。」くらいにテキトーに言っときゃいいんですよ。

 これじゃ靖国神社の閣僚参拝の時と同じですやんか。中国が文句言うから止めるの?韓国が文句言うから止めるの?そう表だって発言したらまともな国際関係なんか築けませんやんか。

 たとえ本当はそうであったとしても、「自らの判断によって今回は靖国に参拝しないことを決めた」とだけ言えばいいんですよ。何で中国や韓国に有利な外交カードを日本側から渡す必要があるんですか。

 今回だってそうですよ。たとえ裏交渉でそういったことがあったとしても、表向きには「犯罪者の適切な処分が終わったから釈放する」って事にしなきゃ対外的な日本側のメンツが立たないでしょうに。何で犯罪を犯した中国側に配慮したことを前面に出す必要があるんですか。

 日中関係は確かに大切です。大切ですけどそれはオブラートに包んで上手いこと相手の政府に伝えればいいんですよ。今回のような理由で釈放するのでは、また日本は「外圧をかければ簡単に屈する国」だと思われるだけじゃないですか。

 本当に日本の外交って卑屈ですね。全然国家としての独立性とかプライドとか、毅然としたものが何もないんですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/591-653e47f7

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。