税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 「笑っていいとも」脅迫で逮捕  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「笑っていいとも」脅迫で逮捕

2010 - 09/24 [Fri] - 16:51

 何でも「笑っていいとも」のテレフォンショッキングでやっている、ゲストの質問に会場参加者1人だけが「はい」なら携帯ストラップがもらえるコーナーが「演出だ」として番組を脅迫していた男が逮捕されたのだとか。

 ニュースの詳細はこちら→ 『いいとも』脅迫男逮捕…「1人的中はヤラセ」と因縁

 バカですね、全く。こんなの最初からやらせに決まってるじゃないですか(笑)。そんなテレビのバラエティ番組の演出にいちいち腹立ててたらテレビなんか見てらんないでしょうに。

 逮捕された男は、ある意味真面目というか、一途というか、純粋というか・・ですね。あのコーナーを見ていて、一人しかスイッチを押さないケースが連発するのを見れば、普通の人なら「ああ、やらせだな」と思うのが普通じゃないですか。

 そんなに1/100しかスイッチ押さないような質問がいつもいつもあるわけ無いじゃないですか。まああのコーナーのからくりはこうでしょうね。基本的には誰もスイッチを押さないような質問をゲストが出す。で、大抵は誰も押さないので「0」になる。で、「0」であることをスタッフが確認して時々「1」に修正する。希に複数の参加者がスイッチを押すと、そのままの実数を表示させる。或いはもっと希に本当にスイッチを押した人が「1」であればそれもそのまま表示させる。

 こんな感じじゃないですか?だって会場参加者の一人だけが押した、って言ったって、じゃあ誰がその一人だったのか、ってことは会場の誰にもわかりませんもの。やらせナシでやるのなら、その一人にもストラップあげればいいんですよね。そうすりゃ実際に誰がスイッチを押したのか即その場で面が割れますからね。

 でもスイッチ押した一人にストラップをあげない、ってところがミソなんですよ。だからスタッフが裏で数字を操作したって会場の誰にもバレないんですよ。

 で、会場の誰もスイッチを押していない時にだけ操作するのが、もう一つのミソなんです。だって仮に複数の参加者がスイッチを押していた場合に結果を「1」に修正すれば、会場の参加者同士があとで話をしていると「あれぇ、私も押したのに」「えぇっ、私も押したわよ。」って話になりかねず、やらせがバレバレになっちゃう恐れがあります。

 でも「0」だった場合には、そもそも誰も押していないわけですから会場参加者達は「きっと私たちの知らない誰か」が押したのだろう、くらいにしか思わないので気にもしません。だから誰にもバレません。

 まあそんなもんじゃないですか?テレビなんだから、バラエティなんだから。そんな真面目に真剣に見なくても。「爆破する」なんて脅迫するなんて、そこまで思い込まなくても・・(笑)。

 でももしかすると多くの人達は「テレビは演出ナシで偶然面白いことが起こっている」と本当に思っているかも知れませんね。でも多分マジックだって、どっきりだって、視聴者参加番組だって、演出バリバリですよ。心霊、オカルト系、暴露系、恋愛系の番組なんて演出のオンパレードでしょうね。

 だって演出しなかったらカメラの前で起きる出来事なんて、そうそう面白いことばかり起きませんもの。最近お笑いタレントがテレビでもてはやされるのは、無理からに演出しなくても勝手に連中が面白可笑しく演じてくれて笑いを取ってくれるので、番組制作側としてはラクだからでしょうね。

 ま、そんなもんだ、とわかった上で見ればテレビの番組に腹を立てることも減って精神衛生上いいのではないでしょうか。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/590-4ff453c3

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。