税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > ゆうパックが大変。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうパックが大変。

2010 - 07/06 [Tue] - 10:09

 新聞で読んだくらいの知識しかなかったのですが、ゆうパックとペリカン便ってひっついたんですってね。元々どっちも国有企業だったわけですから、そのあたりのつながりでもあったのでしょうかね。

 それはそれとして、そのゆうパックでの遅配がニュースになっています。何でも合併に伴うシステムと人の不慣れから荷物がだぼついてしまったのだとか。しかし時はお中元シーズン。生ものなどの配達が遅れれば大問題です。

 月50億以上ともいわれる赤字を解消するために統合作業を急いだとのことですが、もうちょっと考えられなかったのでしょうか?どなたが経営判断されたのか分かりませんが、普通こういう企業で新しいことを始める場合はなるべく影響のない時期にテストを行って問題を潰した上で拡大していくものだと思います。

 ところがJPは驚くことにこの統合作業を最も多忙となる中元シーズンにぶつけちゃったんですね。まあ経営陣には相当な自信があったのでしょうし、「やればできる」と考えていたのでしょうが、なかなか現場はそう簡単に手順や頭が切り換えられるはずがなかったんですね、当然。

 蓋を開けてみればこの有様。お役人が社長だったからこうなったのかどうかは分かりませんが、これは大きな経営判断ミスです。赤字を早期に解消させるために統合を急いだにもかかわらず、その判断が甘かったせいで既存の顧客が逃げ、場合によっては損害賠償まで行わなければならない事態になりそうです。

 現場を知らなすぎた経営陣の責任は本来大きなはずですが、そんなこと不問なんでしょうね、政府・亀井大臣が守ってくれるこのJPという会社においては・・。こんなお役人頭のバカなことをしないで済ませられるように民営化を進めていたはずでしたのにねぇ・・。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/533-db58624b

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。