税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税務・会計 > 中田英寿と税金  

中田英寿と税金

2010 - 07/02 [Fri] - 16:06

 今まだワールドカップで世界中が盛り上がっていますが、そういえば前回ドイツ大会を最後に中田英寿が引退しましたよね。あれから丸4年経つわけですが、彼は「旅人」として世界中を放浪し続けています。

 若い方々から見ればまるで自分探し、世界探検の趣のある中田英寿の旅に夢や憧れを抱いているのかも知れませんが、多くの税理士から見れば彼はただ単に節税のために世界中を旅していると思っている向きの方が多いでしょう。

 いわゆる「パーマネントトラベラー」というやつですよね。彼が旅を初めてもう4年くらいになるのに、意外とこの中田とパーマネントトラベラー節税についてネットでも書物でも書いてあることを見かけません。

彼が実際にどれほどの全世界所得を得て、どれほどの資産を持っているかは彼のマネージメント会社と本人以外には誰にも分からないように慎重に行動していることも表に出てこない理由かも知れません。実際海外暮らしの長い中田の資産については日本の税務当局もほとんど分かっていないのではないでしょうか。

 資産の多くは現役時代の報酬と日本のスポンサー、企業、マスコミ絡みから得られるものがほとんどだと思いますが、4年前の引退時には少なくとも数十億円以上はあったのでしょうね、根拠はありませんが(笑)。それを超金持ち専門の資産運用会社にでも預けて年最低10%で運用できれば毎年数億円の収入が得られます。それにテレビ出演料などを加えれば結構な額が毎年貯まっていくでしょう。

 その運用益から源泉所得税くらいは引かれるかも知れませんが、パーマネントトラベラーなのでどこの国にも税務申告は行っていないでしょう。日本の企業から得られる報酬や出演料などについても非居住者に対する源泉所得税、せいぜい20%くらいが天引きされていれば国税から文句は言われないでしょう。

もしまともに日本に居を構えて税金を納めるのであれば、彼くらいの所得であれば50%引かれるところがたったの20%で済むわけですから、この30%の差はデカいです。彼の出演の多くが日本国内でなく彼の滞在先である海外であることも何か税務上のからくりがあるのかも知れません。

 もちろん彼の実態がどのようになっているのかは知りませんし、彼としても居場所は極力明かしてはいけません。パーマネントトラベラーですから「年間の何日間、どこに居た」ということはおおっぴらにしたくないのです。

まあ言ってみればどの国からも課税されないために世界中を逃げ回っている犯罪者のようなものです(笑)。多分本人の心のどこかにそのような罪悪感も0.01%くらいはあるかも知れません(笑)。しかしその罪悪感と莫大な旅費を超える節税額があるわけですからパーマネントトラベラーは止められません。

 きっとこうやってパーマネントトラベラーを続けているうちに資産の運用と節税によって資産総額が彼の望む額になったとき、ようやく彼はパーマネントトラベラーを止めてどこかの国に居を構えるのでしょう。いくら節税のためと言っても一年中旅行ばかりしているのもしんどいでしょうからね。まあ中田ならどう思うか分かりませんが・・。4年経ってもまだ「旅人」を続けているということは、まだまだ目標額には達していないのでしょうね。

 まあ確かにお金はたくさん残って、世界中回れるわけですから楽しいと言えば楽しいですが、根無し草のようで寂しいと言えば寂しい人生でもあります。お金持ちで日本では有名人、ということだけが彼の財産のようなものですね。「それで十分じゃないか。それの何が悪いの?」という声が聞こえてきそうですが・・(笑)。確かにそうかも知れませんね、お金はないよりあった方がいろんなことができるでしょうね。

 
関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/531-d3f78b55

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード