税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 亀井さん、勘違いしてませんか?  

亀井さん、勘違いしてませんか?

2010 - 03/29 [Mon] - 01:56

 なんか最近連立与党の中で国民新党の亀井代表がわけのわからないことをやっていますね。

 自民党が野党に転落したのをよいことに、連立与党に参加して矢継ぎ早に持論であった郵政民営化反対対策を実行していっています。このたびは預金限度額などを引き上げようとしていますが、閣内で了承されてもいないのに亀井大臣が勝手に既成事実のように発表しているらしいです。

 しかし根本的なことを言ってしまいますが、誰が国民新党や亀井代表に日本の政治を任せると言いました?誰が頼みました?誰も国民新党などには投票してませんよ?

 それは同じく連立与党である社民党も同じ事です。普天間などの問題で福島代表は持論を展開していますが、国民の誰も社民党の意見など支持していなかったのですよ、そもそも。私たち国民が選挙で選んだのは民主党の政治であって、国民新党や社民党ではありません。

 いくら連立与党に参加しているからと言ってあまり勘違いしてもらっては困ります。民主党も民主党です。私たちが票と議席を与えたのはあなたたちなのですから、必要以上に国民新党や社民党に振り回されているようでは困ります。民主党の大多数の意見と異なることをこれらの二党が主張しているのであれば、それは押さえてもらえなければいけません。

 普天間や郵政の件を見ていると、普天間では社民党に、郵政では国民新党に振り回されっぱなしです。はっきり言ってこの二党の振る舞いは見苦しいし、不愉快極まりありません。それをキッパリとコントロールできないところに民主党、とりわけ鳩首相のリーダーシップの欠如を感じる人も多いでしょう。

 もう民主党になってから政治は迷走しっぱなし。議席数たった数人の、先の衆議院選挙で選挙で負けたと言ってもいいほどの超弱小政党の主張に議席の過半数を押さえている政党が振り回されるなんて、どうかしているとしか言いようがありません。

 日本の政治ってこんなにもひどかったんですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/481-287bf291

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード