税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > パソコン・IT > セカイカメラのはなし  

セカイカメラのはなし

2010 - 01/06 [Wed] - 12:37

 先日テレビでiphone向けのサービスである「セカイカメラ」を見かけました。内容はご存じの方も多いと思いますが、iphoneの内蔵カメラで街を写すと、リアルタイムでその画面に映った建物やお店に関するコメントが吹き出しのように表示され、それをクリックするとそのコメントの内容が見られると言ったもの。要するに口コミ情報が携帯電話に映った画像に直接貼り込まれているもので、面白そうなものですがこれはヤバいなぁと思いましたね。

 日本のソフトメーカーみたいなところが開発したサービスのようなのですが、何がヤバいのかと言えば、一つはこんなサービスが広く世間に認知されるとみんなが手軽に書き込みをするようになるので、書き込みが多くなりすぎて訳わかんなくなることですね。カメラで写した食べ物屋に2百も3百もコメントがあったって仕方ないでしょう。その時点で読む気にならないし、そうなればきっと各コメントに対する評価の高さ順に表示されるようになるのでしょうが、それもうっとうしい感じですよね。

 もう一つはこんなサービスは必ずウソの情報で溢れてしまうことですね。お店側が客のフリをしてよい情報だけ大量に書き込むこともあるし、逆に悪意を持った人間が悪口ばかり書くかも知れません。気に入らない店員などの個人攻撃を行うことも可能になってしまうでしょう。これは本当にシャレにならない危険性をはらんだサービスで、個人的にはあまり普及して欲しくないサービスです。何でも自由で便利にしてしまうと世の中危うくなってしまうというサービスの典型のような気もします。

 でもiphone自体はとっても評判がよいようで、パソコン並みの機能を持っていることがとても高く評価されているようです。私は仕事でがんがん使いたいものですから、携帯のあの小さな画面とキーが今ひとつ苦手です。なのでどちらかというと「パソコン+スカイプ+データ通信カード」の方が好きですね。

 パソコンから無線でつなぐことができるようなスカイプ通話機があれば携帯電話も要らないかも知れませんし、これがあれば本当に一見の関与先に訪問して、そこでいきなり確定申告を電子申告しちゃう、なんて使い方も簡単にできちゃうんですよね。

 印刷しないといけない書類はどうするの?というところが問題ですが、それもちっちゃいプリンタを携帯しておけば印刷は可能ですからね。あるいは相手がパソコンを持っていればpdfでメールで送ってあげればよいでしょうし、最悪後日郵送でもいいでしょうしね。

 まあ進化した携帯端末は様々な場面でビジネスを加速させていくと思います。ですが、本来iphoneのような製品は日本企業が得意とする分野だったのに、なぜショボいアップルなんかに先を越されちゃったんでしょうねぇ。きっと日本企業は「小さくすればいい」ってことにこだわりすぎて、携帯電話の超小型化とネットサービスだけに走り過ぎちゃったんでしょうね。

 しかし世界を広く見た場合には当然日本人よりも体格がいい人がたくさんいますので、別にそこまでの小型化は必要なかったのかも知れません。それよりも多少の小型化は犠牲にしても使いやすくて万能なブラックベリーやiphoneのほうが受けたのかも知れません。結局のところ、電話として進化した商品を開発しようとしたのか、パソコンを小型化した商品を電話に近づけようとしたのか、そのあたりのアプローチの違いが大きかったのかも知れません。

 パソコンを小型化するくらいなら、日本メーカーには簡単な話だったのに・・。ちょっと残念ですよね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/426-e19c5ab7

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード