税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 鳩山家の贈与の話。  

鳩山家の贈与の話。

2009 - 12/24 [Thu] - 08:30

 とうとう鳩山首相の秘書が起訴され、首相自身が母親からの資金提供を贈与と認めるに至りました。贈与の総額は12億円を超えており、贈与税額は6億円を下らないと首相自らが語っていました。


 なんだよ、結局そうなのかよ、って感じですね。まああれだけの資産家一族ですから百歩譲って本当に鳩首相(我が家ではポロッポー首相とも呼ばれています)が知らなかったということもあるかもしれませんが、知る知らないは別として贈与と認定されたのであれば脱税なんですよね?まさか単なる申告漏れなんかで終わるなんて考えられないですよね?


 先日発表された民主党の平成22年度税制改正大綱の中身を見てください。きちんと申告納税をしてくれている人とのバランスを考慮して租税に関する罰則を強化すべきといった趣旨が書いてありますが、その最初の適用者は鳩首相ですか?6億の税金を申告もしなかったわけですよ?こんな悪質なことってあり得るんですか?ほんの数千万円の法人税や所得税を隠していただけで素人だって新聞沙汰ですよ?鳩首相いくらですか、脱税額?6億でしょう?脱税犯として懲役に課してくださいよ。これを脱税犯として処理しないで、誰が脱税犯になるんですか?


 この鳩首相の贈与認定を受けてはたと疑問に思うのは弟の邦夫氏ですね。邦夫氏も先日実母からの贈与があったことを認めました。金額はわからないと言っていますが、鳩首相が申告するのと同額を申告納税すると言っていました。しかしね、邦夫ちゃんの話はちょっと違いますよ。鳩首相の方は資金を管理していた秘書がめちゃくちゃな処理をしていて首相は気がつかなかったけど、秘書の処理が政治資金規正法に違反しており、さらには首相自身も贈与税の脱税ということになったわけですよね。


 で邦夫ちゃんの方はどうなんですか?邦夫ちゃんの公設秘書も資金管理をめちゃくちゃしていたの?だって邦夫ちゃんも「自分では分からない。金額は分からない。」と言っているんでしょう?兄弟揃って同じ間違いをしていたっていうの?邦夫ちゃんの話は全然漏れ伝わってこないんですけど、もし邦夫ちゃんの方では政治資金規正法に違反していなかったのだとすれば実母からの資金はどこ行っていたの?全部邦夫ちゃん自身のポッポに入っていたんじゃないの?だとすれば鳩首相以上に意図的な贈与隠し、悪質な脱税行為じゃないですか。


 この兄弟は一体どうなってるんですか?「贈与と認定されたので贈与税を申告してきっちり税金を納めます。」って言えば済む話じゃないですよ。邦夫ちゃんなんて「内容はわからないけど兄と同じ贈与税申告を行なって納税します。」なんていいカッコ言ってる場合じゃないんじゃないでしょうか?その実母からの巨額資金は一体いくらでどこに行ったのよ?それが一番大事なところじゃないの?


 本当に鳩山一家って大脱税家族ですね。今回はたまたま兄ちゃんが首相になっちゃってその資産公開の過程でほころびが出ちゃったわけで、つまり公設秘書がショボかったからこんなことになったわけです。じゃあうまく繕っていればわからなかったかもしれないんですよね?だって今までも同じやり方で贈与税をちょろまかしながら巨額資金を家族内で動かしていたわけでしょう?


 たとえその資金を政治活動に使った、手元には残ってません、私腹を肥やしたわけじゃないので許してください、とこの兄弟は言い訳したいのかもしれませんが、それは通りませんよ。だって日本には贈与税という税金があるんですもの。偉い人だから、政治に金を使ったからといって脱税の重さが減るようなことがあるようでは誰も税金などまともに申告しません。


 今回の事件は本当に数年間懲役刑にしてくれないと到底私たち税にかかわる人間には納得出来るものではないでしょう。国税当局におられる方々からすればその思いはなおさらなのではないでしょうか?だって首相兄弟がこの程度のことをやっていたわけですから、次回から贈与税の調査に行ったら必ず悪態つかれますよ。「首相が脱税してたのになんで俺みたいなチンケな奴が申告する必要があるんや!」って絶対言われますよ、私だってそう言いますよ、多分。


 どうこの兄弟の落とし前をつけるのか、これに国税当局の国民に対するこれからの税務の姿勢が現れるのできっちりと罰を与えて欲しいと考えています。これをきっちりしてくれないのであれば、国民は絶対まともな納税なんかしませんよ、絶対。この事件でどのような罰を鳩山首相と邦夫ちゃんに与えるのか、そこに日本の国としての良心とそして国が税金というものをどう位置づけているのかということが表れることになります。


 この事件を甘く考えるとこれからの国税と政治にとって取り返しのつかないことになりますよ。もし今回の事件を無申告加算税程度で終わらせるくらいなら、国は脱税犯に甘いという印象はぬぐえず、今後誰もまともに納税しなくてもいい、と国がお墨付きを与えたのと一緒だと理解して差し支えないと思います。


 首相で6億円も、兄弟合わせて12億円も国家の財政に損害を与えていたなんて、全く信じられない話ですよ。大犯罪ですよ。もし一般人が国から12億円ちょろまかしたらどれほど大きな罰が与えられると思います?子供の頃よくいわれたフレーズで言えば、「ごめんなさい、わかりませんでした」で済めば警察要らないんですよ。


 毎年9千万円も税金をちょろまかすような人間が首相、そして同じことをする弟が総務大臣だったなんて、ホントにこの国は凄い国ですねぇ。税法なんか要らないじゃないですか。国税の調査担当者もアホらしくてやってらんないでしょ。私も大概バカバカしく思ってますよ。


 何が「真面目に自主申告」ですか。首相が12億円(もちろんそれも現時点で課税できる期間のものだけ。本当は今まで何億贈与でもらっていたかわかったものじゃない)も申告してないのに、なんで庶民が「真面目に自主申告」する必要があるの?意味が全くわかりませんね。


 私だって相談者から「鳩山首相があんなんやったんやから、私が子供に毎年3百万円くらいあげたって申告せんでええやろ?何でせなあかんの?牢屋に入れられるわけでもないのに。バレたら加算税払やええんやろ?」と言われたら何も言えませんよ。だって首相がああなんですもの。私に何の権限があってその相談者に「いえ、それでも申告してください。」って強制できるって言うんですか。


 本当に今回の事件、税務の世界では大事件ですよ。ふざけるにもほどがありますよ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/417-1c8fecd3

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード