税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 欲望の持つパワーの大きさ  

欲望の持つパワーの大きさ

2009 - 11/01 [Sun] - 02:51

 やったねぇ、大阪国税局管内の上席。何でも不動産収入が年間2500万円もあって公務員の副業禁止規定に引っかかって懲戒処分、そのまま依願退職したそうですね。年も42歳ということですが、仕事でかかわったことがある人かも知れませんね。お気の毒様。


 依願退職と言うことは当然退職金は支払われた、ということでしょうね。まあ職場の金を着服したとか別に職場に迷惑かけたわけじゃないし、規定上懲戒解雇でなければどこでも退職金は支払われることになっているでしょうから仕方ないかな。


 でも報道によれば、発覚のしかたがとっても不細工ですね。不動産事業の規模が大きくなってきて自分の副業がバレないように嫁さん名義のペーパーカンパニーを作ってごまかそうとしたのに、よりによってそこへ調査に来そうになったので北海道に本店移転したのだとか。それでも調査に来てとうとう自分の副業がバレてしまったのだとか。


 税務署の職員でも自分の回りに調査が来そうになってももみ消せないんですね。まあ、今回のケースは職場に黙ってやってたのでもみ消しようもなかったんですかね、よくわかんないけど。でもほんの10年で4棟60室も所有していたのだそうで、まあお金ありますね。


 08年までの3年間の経費を除いた副収入(税務上の「利益」という意味かなぁ?それともキャッシュの増加額かなぁ?)が600万円ほどあったそうで、借金がそれほど多くなければ結構潤っていたかも知れませんね。40歳過ぎの国家公務員ならそこそこ給料貰ってるでしょうしね。やるよね。


 この件については私は別に非難はしませんよ。商才は持ってたんでしょうけど、残念ながら公務員という本業があったのでこんなことになっただけ。自営業者なら「スゲェな」と素直に賞賛されているところでしょう。まあ公務員だったところがお気の毒さまでした、というだけの話です、ハイ。


 それと最近話題になっている34歳結婚詐欺女の殺人疑惑事件。またこの女すごいですね、報道によれば3年程度の間に1億くらい死んだ男達からせしめたんですって?やりますよね。話だけ聞いていると限りなくクロに近い疑惑の持ち主で、疑惑が本当なら間違いなく死刑ですね。情状酌量の余地は皆無でしょう。


 それはそれとして、この報道を見ていて気になったのは、不細工に近いような三十過ぎの女がなぜここまで男から金をむしり取ることができたのか、ということですね。というか、殺人や詐欺をしようと考えがいたるまで何がこの女を駆り立てたのか、ということですね。


 結局のところ「強烈すぎるまでの欲望」だったんでしょうね。カネや贅沢な生活、或いはミエを張ることについてのですね。多分この女にとっては高級マンションに住み、ベンツに乗り、高い料理を食べて、セレブな生活と呼ばれる生活スタイルへの願望が尋常じゃなく強烈だったんでしょうね。そして一旦それを手に入れると、それを維持する願望がまた強烈だったのでしょう。


 その化け物のように強い欲望と執着心がこの女に男を騙してカネをせしめるというアイデアを思いつかせ、そしてそれを実行に至らせたのでしょうね。つまり人を騙して、場合によっては殺してでもカネを手に入れたいほど欲望が強烈だったということなんでしょうね。


 確かに人を殺してまで自分の欲望を満たそうとすることは絶対に間違っています。しかし別の見方をすれば強烈な願望はそこまで人間を駆り立てることができる、ということを私たちに教えてくれるんですね。ということはこの女が持っていたのと同じくらい強烈な願望を持っていれば誰でも数年間で1億くらいのお金は手に入れることができるということを意味しているんですね。もちろん真っ当な手段によってですが。


 そういう面でこれらの事件を見ると、すごく大きなヒントを私たちに与えてくれます。つまり自分の願望や欲望が強烈であればあるほど、どんな障害が目の前にあったとしても人はそれを実現させるパワーを持っているということです。税務署員の場合は副業規定に反してもそれを実現させ、詐欺女の場合は詐欺や殺人(もちろん現時点では不明)などの反社会的手段によって実現させたわけです。


 であれば、私たちだって自分でもコントロールできないほど強烈な欲望や願望を持っていれば、どんな手段を使ってでも私たちは必ずその欲望や願望を叶えることができるということです。もちろん私たちは犯罪者になるわけではありませんからその実現への手段は合法的な手段によってです。でも誰だって真剣にそれを願うならばどんな願いでも実現可能だということです。


 確かに少し世間を騒がしている事件ですが、これらの事件は私にとても大きなヒントを与えてくれました。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/393-eb0251f7

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード