税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > 「税理士を替えようキャンペーン」  

「税理士を替えようキャンペーン」

2009 - 10/26 [Mon] - 08:28

 だめな税理士、歳を取ってしまってお話にならない税理士達に税理士業界からご退場願うためのキャンペーンとして「税理士を替えようキャンペーン」を展開する必要があるのかな、と最近考えています(笑)。


 先般のブログにも書きましたように、意外とまだまだ世間の多くの顧問先などは担当税理士がダメであっても我慢して契約を続けていることが多いと思われるんですよね。その理由は単純に「めんどくさいから」だと思います。しかしその「めんどくさい」ことで顧問先の不利益になっているのであれば、ダメな税理士を替えてしまうべきだと思うのですね。それは税理士を替えることが顧問先ご自身の利益になるからですが、同時にダメな税理士から顧客がいなくなることで税理士業界のレベルアップにつながるからです。


 本来であれば、税理士がこれだけ世の中に増えているわけですから日税連などがダメな税理士には仕事ができないようなキャンペーンを行うべきだったのです。だってダメダメ税理士を野放しにすることはニセ税理士を野放しにすることと同じくらい税理士業界にとっては利益にならないことだからです。ところが日税連がなーんにもしないので何かしなきゃいけないんじゃないかと思うようになってきたのです。


 この「ダメダメ税理士チェンジキャンペーン」(あれ?名称が変わってる(笑))はダメダメ税理士の顧問先による自発的な契約解除を期待するキャンペーンです。ダメダメ税理士に依頼していることがどれだけ顧問先自身のお金と時間と機会を無駄にしているかということにご自身で気付いてもらい、そしてさくっと別の良さそうな税理士に乗り換えてもらおうという趣旨です。


 まずこのキャンペーンで大事なことは「税理士の乗り換えなんかめんどくさくない!」ということを納税者に浸透させることです。乗り換えをめんどくさいと思いこんでいるからダメダメ税理士や仕事のできない年寄り税理士との腐れ縁を断ち切ることができないのです。乗り換えることが面倒でないと分かれば、こんなダメダメ税理士や年寄り税理士からさっさと替わっていけるはずです。


 もちろん「何をダメ」と判断するかは納税者、顧問先ご自身の判断でかまいません。税理士の質を判断するのですから、当然節税に対する姿勢や税務の確かさに対する判断が最も重要視されるべきでしょう。とにかく最悪なのは「親の代から世話になっている」「なんとなく長くお世話になっているから」と言うの理由でずるずると顧問契約を続けていることです。


 もちろんその税理士や事務所のサービスが優れていれば何の問題もありません。しかしそういった努力を行わない税理士事務所に対して顧問先の大切なお金を支払う必要などありません。そういった行為は顧問先自身にとって「無駄なのだ」ということをしっかりと自覚していただき、どうせお金を払うのであれば無駄でない税理士に支払って欲しいと願っているのです。それがひいては税理士業界全体の評価アップにつながるはずです。それが本当の意味での「規制緩和による競争」です。


 今までは「規制緩和」「競争」とか言われながらも、実際には競争を行っていたのは新規参入の税理士同士で食い合いをしているだけだったのです。本当はそこで競争をしたってしかたがないのです。本当の競争は何の努力もせず、何の役にも立たないクセに金と顧客だけしっかりと囲い込んでしまっているダメダメ税理士、年寄り税理士達から顧問先を解放して、きちんと仕事をしてくれる税理士に誘導することなのです。これが本当の規制緩和であり、本当の競争なのです。


 残念ながら税理士業界ではこの本当の意味での正しい競争が進んでいるとは言えません。顧問先・納税者の本当の利益になるためには、顧問先や納税者が納得できない税理士との契約を容易にチェンジできることがその解決策です。だから冒頭のキャンペーンを展開すべきだと思うわけです。


 現在の税理士業界の体質に不満をお持ちの税理士さん、仕事ができない年より税理士に顧客が囲まれて悔しい思いをしている新規開業の税理士さんたち、皆さんで「税理士を替えることは簡単だ!」と世間に対して声高に発することで顧客の流動化を促進させ、本当の意味で若い税理士にとっても魅力ある税理士業界、税理士市場に変えていきませんか?


 ぜひ多くの税理士さんがこの趣旨に賛同され、「税理士を替えようキャンペーン」を皆さん独自で広く展開されることを切に願っています。税理士会も税政連も何もしてくれないのなら、自分達自身で道はつくっていくしかないのではないでしょうか。


 我慢して耐えているだけでは何も変わりません。誰かが変えてくれると待っていても誰も何もしてくれません。自分達でやれば必ずできます。必ず世間は動きます。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/390-0af8b9d9

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード