税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 食・レシピ > 抹茶を点てる  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抹茶を点てる

2005 - 07/05 [Tue] - 09:36

 最近抹茶を始めだした。といっても横着な私だから作法をマスターする気は全くない。お茶を本格的にしている人たちからすれば作法のないところに美味しいお茶などはいるはずがない、といってバカにされるのかも知れないが、私は単に美味しいお茶が飲みたいだけなのだ。

 私はコーヒーが全く飲めない。少しくらいなら大丈夫だが、質の良いコーヒーをカップ一杯飲むともうその日一日具合がすこぶる悪い。これはもう相性としかいいようがないのだろう。その代わりといっては何だが日本茶がとても好きなのだ。私は常々喫茶店で飲むコーヒーには高いお金を払い、また自分で入れるときにも入れ方にこだわりをもってコーヒーを作るのに、なぜ日本茶に全く無頓着なのか不思議でしょうがなかった。私がコーヒーを飲めないからとりわけそう感じるのかも知れないが、多くの日本人のお茶への無頓着さは悲しいほどだった。

 それではなぜ私がお茶が好きなのか、といえばもちろん美味しいから飲んでいるのが最大の理由だ。それからあまり多くの方は経験がないのかも知れないが、私の場合20年ほど前に死んだ母方の祖父がお茶が好きで、その祖父が一度だけ入れてくれた玉露を飲んで感動したこともきっかけとしては大きい。もし最高に美味しい玉露を上手に入れてくれたものを飲めば、きっと多くの人も日本茶に対する考えが変わるかも知れない。ただし高級な玉露は値段がコーヒーの比ではないのでなかなか飲むことができないのだ。

 まあそういうきっかけで日本茶が好きなのだが、最近やり始めたのは煎茶ではなく抹茶だ。10日ほど前にふと思いついて始めることになったが、特に理由はない。ただ美味しい抹茶が飲みたくなったのがその理由だ。その話をすると母が茶道具を一式送ってくれた。おかげでとりあえず一通りの道具を使って入れることができる。

 何しろお茶の点て方についてほとんど知識がない状態だったので、インターネットなどで何とかかんとか知識を仕入れてやっている。今まであまりいいお茶が入らなかったが今日は結構美味しかった。苦みもなく甘くクリーミーにたてることができた。まあまだまだ試行錯誤を続けて美味しいお茶が常に点てられるようにしたいものだ。

 だが煎茶もコーヒーも一緒だが、この手のたぐいのものにはポイントがある。とにかくお茶そのものが良くなければ技術ではいかんともしがたいということだ。安い抹茶を使っていたのでは絶対に美味しいお茶は入らない。これが実は最大の悩みかも知れない。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/34-772f7ad8

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。