税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 日々雑感。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々雑感。

2008 - 12/23 [Tue] - 02:00

 最近のニュースなどからの雑感を。ここのところ毎日派遣社員切りのニュースが流れない日はないほど派遣社員の雇用が話題になっています。しかしそれよりもっと問題なのはソニーなどが正規社員のリストラに手を付けていることですね。景気が悪くなって簡単に社員を首にするのなんて一番能のない解決策で、経営者の無能無策をさらけ出しているだけです。正社員の首を切るのであれば、まず経営者が自分の無策の責任を取るべきです。そのための高給をもらっているわけですから当たり前でしょう。経営者は社員とその家族の生活を守る責任をずっしりと背負っているわけで、その責任がとれない人間が経営者になってはいけません。


 最近の日本企業が間違ってきているのはアメリカ的企業経営の真似をしすぎて雇用まで変動費、流動化扱いしているところです。雇用は絶対的に固定費で、雇用維持は企業の義務です。それをできる自信がないのであれば無責任に雇用してはいけません。そんなことだから従業員のモチベーションが落ちて結局長い目で見て企業の業績を落とすことにつながるのです。まあ株主重視の経営を行うのであればそうならざるを得ない面もあるのでしょうが、しかし株主を重視したって企業が潰れてしまっては株主重視もクソもありませんからね。日本企業のよいところは絶対に守っていかなければダメですよ。それが日本企業のアイデンティティであり、それがなくなればどこの国の会社でも一緒っていう話になりますもの。今一度大企業には従業員の雇用の意味について考えて欲しいものだと思います。それに正社員や派遣社員を切ってもそのことで結局さらに世間の雰囲気を悪くするだけで何のメリットもないんですよね、ホントは。


 それからふと思い出した坊主の話。仕事柄多くの葬儀に参列することが多いのですが、しばしば坊主でない坊主、つまり髪の毛が生えている坊主を見かけることがあります。俗世の雑念を払うために剃髪していると私は聞いたことがあるのですが、剃髪していない坊主は即ち雑念にまみれた坊主だと自ら言い回っているようですね。きっと「スキンヘッドだと格好悪い」「似合う服がない」「女の子にモテない」とかそんな理由なんだろうと思いますけど、金だけが目当てで坊主になったニセ坊主であること丸出しですね。髪を剃ることすらしようとしない坊主などとんでもない偽物。どんな綺麗事を話しているとしても髪の毛の生えた坊主の話など信じるものじゃありません。所詮アルバイト感覚で坊主業を行っている人ですからね。とても真剣に宗教で人を救おうと考えているようには見えません。教会結婚式場のニセ神父と同じようなもんですね。そういう輩が増えたと葬儀屋さんも嘆いていました。


 それから学校の英語の授業を英語だけで行おうという話。これは当然ですよね。何で今までしてこなかったのか不思議なくらい。会話重視で英語を教えるのは100%正解です。しかし今までの英語教師で対応できるのかという問題があるようですが、そもそも英語を話すことができない人間が生徒に英語を教えていて平気なほうが問題です。英語なんて所詮言語ですよ。本来的に言語に理論や理屈は不要でしょう。どこの日本人が理屈から日本語を覚えましたか?日本語は会話から覚えたでしょう?歴史的に日本の英語教育では英語教師が不足していたためまともな会話教育ができなかったんですね。だから会話抜きで英語を読み書きできるよう文法という理屈から入らざるを得なかったのです。そのため理屈に強い、所謂賢い人が外国語のマスターにも強かったわけですが、そもそもの考え自体が間違っていたわけですね。


 おかげで日本では義務教育で6年も英語を習っているにもかかわらず、それだけでは英語を一言もしゃべることができないという世界でも特異な英語教育になってしまったわけです。難しい文章は読みこなせるんですがねぇ。英語圏以外の国の人がテレビのインタビューを受けて英語で流暢に受け答えしている場面を見て驚くことがありますが、よく考えれば普通に英語教育を行えばこれくらい当たり前なんですよね。今までの日本の中高校での英語教育が間違っていただけのことなんですね。日本も100年経ってやっと「普通の」英語教育になるだけのことです。でもまた日教組みたいなのが反対するんでしょうねぇ。だってしゃべれない英語教師の処遇が問題になっちゃいますからね。先が思いやられますね。


 それからトヨタの業績悪化の話。これは本当に想定外でした。トヨタはアメリカ市場でほとんどの利益を上げているとすら言われていましたから円高とアメリカ市場での自動車販売の落ち込みはそれほど甚大だったということですね。バブル崩壊があろうと、金融危機があろうとトヨタだけは全く影響を受けることなく着実に利益を増やし続けてきていたのに、そのトヨタがこうですよ。そりゃあ各方面にショックを与えますよね。まあでもあのトヨタのこと、バランスシート上ではこんな1500億円の営業損失なんて屁ともないでしょうし、すぐに業績を回復させると思いますよ。トヨタの経営は日本でも世界でも別格ですもの。私はそう信じています。トヨタの復活が日本経済の復活の象徴ですからね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/333-0a899aff

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。