税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ファッション > 円高でチャーチの靴を購入!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高でチャーチの靴を購入!

2008 - 12/14 [Sun] - 04:45

 円高がすごいレベルになってきましたね。ついに1ドル=88円台まで来ました。これでは輸出企業は大変なことになります。マスコミは必ず円高になると輸出企業の業績悪化を繰り返します。そりゃあもちろんそうですし、日本企業にとって輸出は命綱ですから円高によって海外への輸出に悪影響があることは今も昔も変わりません。


 でもこれだけ円高になっているというのは逆に言えばすごいことなのです。すごいチャンスでもあるわけです。まあ簡単に言えば海外の資産を買うなり海外商品を輸入するには絶好の機会なんですよね。久しぶりにその絶好の機会が到来したわけですね。ちょっと計算してみればいいんですけど国として輸出超過であれば円高は大打撃ですが、輸入超過になれば円高はむしろすごい利益を産むわけです。もちろん日本が経常的に輸入超過の国になることは国家存亡の危機に瀕するわけですが、国際収支がトントンになるようになっていれば円高もクソも関係ないんですよね、ホントは。ちなみに私の国際関係理論(?)によれば国際収支はトントンがベストという考えです。


 と言うことで、別に天下国家の話とは関係ないんですけれども、昨日インターネットでイギリスから靴を買いました(笑)。だってちょっと前より1万円も安く買えるんですもの。大きな話の後でこんな小さな話で済みません。靴はいつものチャーチで、以前のブログにも書いたバルモラルと言うモデルです。デザインはプラダに買収される前と随分変わってしまって私は昔のデザインの方が好きだったのですが、履き心地が最高だったので昔ながらの73という木型で作られているモデルをもう一度買ってみたわけです。


 まあ海外から個人が商品を直接輸入するのってかなりリスクがあります。特にブランドものは騙されやすいです。まあ靴なら値段も安いし大丈夫だろうと思っていますが、ヴィトンやエルメスのバックだとか、ローレックスの時計なんかを海外から通販で買うのは怖いですね。まず騙されると思った方がいいでしょうね。だって普通に考えて、何十万円もするものを現物も見ないで、しかも見も知らない海外のお店から買うなんてあり得ない行為ですものね。それはすごいチャレンジャーですよ。「オレを騙してくれ」と言わんがばかりの暴挙で、繁華街のスナックに飛び込みで入ってボッタくられないで帰ってこられるくらいリスクが高い話です。でも靴なんかニセモン送ったってしょうがないですよ、高々数万円くらいの商品で。ニセモン作る方がめんどくさいですしね。だから私は靴に関してはインターネットで買うことにあまり抵抗がありません。


 でもね、今日本で売られているチャーチの値段をインターネットで見てびっくり!ほとんどの靴が9万円以上、最も高いエドワードは12万円!ウソッ!?私が昨日注文を出したイギリスの靴屋で買えばエドワードはVAT抜きで343.48ポンドですよ。今1ポンド135円くらいですから日本円で4万6千円ちょっと、運賃、関税、消費税がかかるとしても絶対6万円もしません。それじゃ倍の値段じゃないですか!ヒドイ話ですねぇ。今回私が買ったバルモラルだって、8万7千円ですってよ!私はほんの3万円弱で買う予定なんですけど、何で運賃込み190ポンド弱の靴が9万円近くもするんですか!滅茶苦茶な話やないですか!


 確かにチャーチの靴はプラダが買収してから高くなりました。それは事実です。私が今回買ったバルモラルなんて最も安いモデルの一つですが、昔本国で120ポンドくらいで売られていたものが今では190ポンドくらいになってます。だからチャーチの全ての商品の値段が以前より高くなっているのは事実なんですが、それでもそんな日本円で10万円を超えるような超高級靴ではないですよ。ポンドの設定が1ポンド=200円以上の頃の値付けのままですからひどすぎますね。


 まあ今は円高ポンド安ですから、イギリスの靴を買うのにはとてもイイ状況です。今時日本の靴でもちゃんとしたものを買おうとすると2-3万円はかかります。その値段でチャーチが買えるのですから、まあチャーチでいっとこかなというのは自然な判断ですよね?ホントは最近ワシントン靴店でイージーオーダーを4万5千円くらいでしているので次はそれ行こうかなと思っていたんですが、チャーチの値段がそれよりも遥かに安いことに気がついて今回は飛びついたというわけです。


 昔買ったバルモラルはブックバインダーの茶色でしたが、今回は普通のカーフの黒です。本当に昔のバルモラルは安い靴の割に良くできた靴で履き心地も最高、見た目も最高で好きでしたがアッパーが割れてしまい今は履いていません。今回はより長く履けることを期待してのカーフモデルです。きちんと手入れをすれば20年いけると思っています。今から20年後と言えば私も60歳過ぎ!気の長い話ですが、実際リーガルのカーフモデルは18年履いて今修理中ですから充分可能な話だと思いますね。高い靴でも十数年履ければ全く高くありません。何しろ良い靴の方が履いていて気持ちいいですから、どうせ靴を履くのであれば気持ちよく履ける靴の方がいいと思いますね。


 来週くらいに新しい靴が届くと思いますが、楽しみなものです。ああ、そのころはリーガルの古い靴も修理が上がってきているので、それも楽しみです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/328-5e6f2471

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。