税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 三浦和義氏の自殺  

三浦和義氏の自殺

2008 - 10/19 [Sun] - 09:18

 ロス疑惑で有名な三浦和義氏がロサンジェルスの刑務所で自殺しましたね。日本では一美さんに対する殺人罪は無罪となりましたが、殴打事件は有罪でしたね、確か。殺人罪が無罪になったって言ったって、結局のところ有力な証拠がないから無罪になっただけですよね?本当にこの人が一美さんを殺していないかどうかっていうのは神のみぞ知る話ですものね。有罪の殺人者を無罪にするのは、人権派裁判官が裁判を担当した場合よく起きる話ですし、その無罪になった極悪人が再び事件を起こしてまた逮捕される、というのは本当に多いですからね。三浦氏だってその経歴や殴打事件、或いは前夫人が二人続けてアメリカで死亡して死亡保険金を受け取っていることなどを見ていれば根がまともな人間ではないというのは誰しも薄々感じていることでしょう。殺人罪が無罪になったのだって限りなく黒に近いグレーですものね。


 で、今回の自殺のあとで三浦氏の妻や三浦氏側の弁護士などが自殺の真相や他殺の可能性について主張していますよね。でも他殺の可能性はないでしょうね、どう考えても。だってロス警察側にとって三浦氏を殺すメリットってありますか?あれだけめんどくさい手続きをとって、長い時間をかけて裁判を行うためにアメリカに三浦氏を連れてきたのに、何ら司法手続きをとることなく三浦氏を殺したって仕方ないじゃないですか。ロス警察だって税金を使って三浦氏をわざわざサイパンからしょっ引いてきたわけですよ。しかもわざわざ三浦氏が日本からアメリカの領土に入ってくるのを待って逮捕したわけですからね。アメリカは確かに訳分かんない国で、個人的には信用していないしあまり好きではない国ですが、それでも三浦氏を殺すためにわざわざ大金をかけてアメリカ本土まで連れてくるようなバカバカしいことなどしませんよ。それにそもそも殺すんならサイパンの刑務所でさっさと殺してますよ。


 よく言われているように三浦氏が自殺した理由は、三浦氏が今まで逃げ回ってきてここまで来たのに、とうとうアメリカ側の警察に逮捕されてロスで裁判を受けなければならなくなったことに対してかなり精神的に参っていたということなんじゃないでしょうか。元々相当変わった人ですから、遺書も兆候もないからといって自殺ではないというのはどうかなと思いますね。そもそも常識が通用する人ではないわけですから刑務所で突然自殺したって全然不思議ではないんじゃないですか。


 結局訳の分からない人でしたね、三浦和義という人は。無罪判決を得ても多分世間のほとんどの人が彼のことを無罪だと思っていない希有な人でしたよね。最後も彼らしく不可解な自殺、まさに彼の人生は世間の人が思っているとおりのイメージのままで閉じることになりました。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/316-e8cb7bc2

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード