税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 芸能・テレビ関係 > アホキャラがクイズ番組で賢いわけ  

アホキャラがクイズ番組で賢いわけ

2008 - 10/04 [Sat] - 09:45

 世の中には数多のクイズ番組がありますけれども、見ていると芸能人や芸人が意外と博学な一面を見せることがありますよね。見ていると「あんなにアホそうなのに、こんな難しいこと知ってんの。へぇ~、意外と賢いやん。」と思うことも少なくないですよね。


 でもね、やっぱり普通に考えればいいと思いますけど、そんなわけないんですよね。だって考えてみればいいんですけど、例えばネプリーグなどを見てても絶対に読めないような漢字を読めて「凄い!」って思う芸人が別の問題の簡単な漢字を読めなかったりするんですよね。でも、そんなことあり得るわけないに決まってるんですよね。普通の人が絶対読めないような漢字をたまたまであっても知っているんだったら、やっぱり簡単な漢字は読めるはずなんですよ。


 んで、ネプリーグなんかを見ていて考えてみますと、多分完全なカンニングはないとおもうんですけど、でも事前に楽屋とかで「今日はこんな問題がでるかも知れないから予習しておいてね」と出題リストくらいは渡されてると思うんです。で、そのリストを一生懸命覚えてもし本番のクイズにその問題がでれば答えられることもあるし、リストに載ってない問題が出れば素で答えられない、って感じだと思うんですね。


 だからテレビ見てるとカンニングで教えてもらった答えを一生懸命「うーん、なんやったかなぁ」と思い出すシーンによく出会います。まあでもその仕草も知らずに見れば自然な感じにみえますし、アホな部分と賢そうな部分が適度に混ざってタレントの好感度を上げることもできますからね。一方で賢いキャラのタレントは多分素でクイズを答えていると思いますね。だって簡単な問題での取りこぼしがほとんど無いし、まあほぼ学歴通りのレベルで答えていますからね。でそういう賢いキャラが時々普通の人でも知ってそうな問題で間違えたりすると「意外とこの人も可愛いところあるやん。」ってこれまた好感度アップですしね。で、賢いキャラが答えられない問題をアホキャラが答えればこれまた番組的に盛り上がりますしね。


 そう考えればアホキャラの芸人が突然難しいことを知ってるようなクイズ番組のからくりが何となくわかるような気がするんですね。まあ所詮テレビのバラエティ番組ですから、全くの演出無しって考える方がおかしいんですけれどもね。演出はあって当たり前なんですよね、だって素のままでクイズ番組したって答えられないだけで全然盛り上がりませんからね。素で盛り上げる場面と演出で盛り上げる部分を適当に混ぜないと視聴率とれませんからね。視聴率とれないとスポンサーからお金もらえませんし、自分の報酬にも跳ね返りますし。何と言ってもタレント側から見ればクイズ番組出演は好感度アップに大きく役立ちますしねぇ。庶民性と知性をバランスよく見せればイメージイイですからね。10年前くらいのクイズ番組に出ている飯島愛を見て「意外とこの子賢いやん。」って言っている友人がいましたが、まんまとテレビの演出に騙されてるな、って感じでしたねぇ。もっと昔のクイズダービーなどはちょっと仕込みすぎ、って感じが子どもながらにひしひしとありましたけど、最近は事前の仕込み具合がもうちょっと自然になってる感じがしますね。


 まあまあ、テレビなんてそんなもんですからあまり真に受けないでテキトーに見るのがいいと思いますね。特に民放のバラエティ番組なんか視聴率がすべてなんですからおもしろおかしく見せるために演出ばっかりなんですから。時々ニュースまでやっちゃいますからね。もちろんそれをわかった上であれば純粋に楽しんで見ると面白いもんだと思います。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/313-d9e2db73

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード