FC2ブログ
税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 焼鳥を串から外すのはアリ?ナシ?  

焼鳥を串から外すのはアリ?ナシ?

2021 - 04/11 [Sun] - 17:56

少し前にも話題になった件ですが、またネットで少し見かけたものですからこの件について少し。

なんでも焼き鳥屋のご主人さんか誰かが「焼鳥は串に刺した状態でおいしく食べられるように焼いているのだから、串から外さないで食べて欲しい」とツイッターか何かにつぶやいたことが事の発端だったように記憶しています。

皆さんは焼鳥を食べるとき串に刺したままで食べますか?それとも串から外して食べますか?

これ、関西でいうと「お好み焼きをコテで食べるか?箸で食べるか?、鉄板の上から直接食べるか?皿に乗せてから食べるか?」と似たような話のように思うんですよね。

正直この件について世の中で皆さんがどんな風に食べているのかはあまり詳しく観察したことはないのですが、私の個人的な意見を書きますと「そんなもん、どーでもええやんか」ですね(笑)。

まず焼鳥についていえば、そりゃあ確かにお店でこだわりを持って焼鳥を焼いている人から見たら、串から取り外して食べるなんか許されない行為なのかも知れませんけど、でも焼鳥って串のままじゃものすごく食べにくいものもあるんですよ。喉の奥の方に串の先が突き刺さりそうになるくらいお肉が串にしっかり付いて食べにくいものがよくあるんですよ。

そんな焼鳥を食べるときには、皿の上に串から箸で取り外して食べるほうが断然食べやすいし、なにより無理矢理串の横からかぶりついて食べるのと比べると、食べるときの見た目がキレイだしスマートです。そちらの方がよほどマナーに則った食べ方だと思いますけどねぇ・・。

それにみんなで食べるときはみんなで取り分けて食べたいときとかもありますしね。串一本食べられない、あるいは食べたくないというときもあるでしょうし。

そんなに「せっかくこだわりを持ってこっちが焼いてるんだから、お前ら客も串から外さないで食え!」というのであれば、客が食べやすいように串に刺してから焼け!と逆にいいたいくらいですね。そもそもどうやって食べるかなんか客の好き好き・自由だし、よほど下品で汚い食べ方にならない限り店側から食べ方に口を挟んで欲しくないです。

テレビなんか見ててもよくありますよね、食べ方を一から十まで店主が文句言いながら指導する店とか、「こう食え、ああ食え」と細かく指定してくるような寿司屋とか。

それとか、関西の下町とかに行くと先ほど書きましたようにお好み焼き屋などで鉄板の上からコテで直接お好み焼きを取って食べないと店のおばちゃんが文句言う、とかそんな店もあります。

でもそんなのも個人的には「どーでもええやんか。好きに食わせてくれよ」と言いたいところ。特にお好み焼きなんかは私自身が猫舌で口の中をやけどするのが凄くイヤなので(一度やけどすると何日も口の中が痛くて歯磨きも満足にできない)、鉄板の上からコテで直接食べるなんて絶対不可能なんですよね。

だから私はお店でお好み焼きを食べるときも必ず鉄板の上でコテで切り分けたものを1ピースごと皿の上に置いて冷まし、そのあとお箸で食べます。

というよりお好み焼きや焼きめしなんかは鉄板の上に置いたままだとどんどん加熱されて本来のおいしい状態からかけ離れてくるので、店の人が調理したおいしいベストな状態のままにしたいんですよね。つまり持ってきたお好み焼きや焼きめしを鉄板の上に置いておきたくないんです。

そういう意味でもお好み焼きも焼きめしもできればお皿に乗せて出してほしいんです。焼きめし・そばめしは特にお皿で出してほしいです。で、店に行くと「お皿で出してもらってもいい?スプーンももらっていい?」と最初に言っておけば小うるさい店でも「ああ、ええよー」と言ってくるところがほとんどです。

だから、最初の焼鳥の話に戻れば、別に食べる人がそれぞれ好きな食べ方で食やぁいいじゃないか、というところですね。そんな焼鳥の味にこだわって焼いて、食べ方にとやかく言うくらいなら客席に七味や山椒とか置いとくなよ、って言いたいくらいですね(笑)。

私自身はそんな小うるさい焼き鳥屋に行ったことはないですが、もしそんなお店に間違って行ってしまったら、申し訳ないけど二度と行かないですね(笑)。こんな程度のことで店の人とケンカするつもりもないので、文句言われたら黙って食べるの止めて店を出て、違う焼き鳥屋行きます(笑)。

こんなことで文句言われるなんてアホらしいことこの上ないですw。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2993-166c4760

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード