FC2ブログ
税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税務・会計 > さあいよいよ複数税率導入へ。  

さあいよいよ複数税率導入へ。

2019 - 09/29 [Sun] - 12:29

9月ももう今日明日を残すのみとなり、いよいよ明後日から10月です。そう、消費税増税の開始ですね。

日本で初となる複数税率制度がいよいよ実際に導入されることとなります。

shutterstock_493852714.jpg

飲食業、食品を扱う小売業・卸業の方たちに大きな影響がある今回の複数税率制度ですが、世の中、特に税理士業界に大きな批判がありますね。同業者の集会や意見交換会(という名の飲み会)で話を聞いていましても、まず税理士で複数税率を積極的に支持している人には今まで会ったことがありません(笑)。

もちろん事業者さんにおかれましても複数税率制度を歓迎する人はまずいないと思います。その理由は食品を扱わない事業者さんであったとしても免税事業者でない限り複数税率制度は会計処理に必ず何らかの影響を与えますので、単純に処理がめんどくさくなるからです。おじいちゃん・おばあちゃんで事業をして帳面をつけているような事業者さんだったら、もう対応することなんか実質不可能でしょうね。そうなってくると若い人を雇うか、代替わりするか、商売止めるかしかありません。

それは国税の側においても同じと思われ、国税の方たちだってこんなめんどくさい制度を導入されたら困ることしかないと思います。それでも政府が決め、国会で法改正が行われてしまった以上、省庁としてはその決定に粛々と従うしかありません。個人的意見を述べることがほかのどんな仕事よりも許されにくい公務員という仕事をしている以上、そこは個人の考えを度外視して従うしかないところなのでしょうね。

単純に考えてみれば、税収が足りなくて消費税率を上げることが仕方ないことであるならば、税率を上げるだけにすればよかったんですよね。8%を9%にすればよかっただけの話なんです(もちろん9%になんかしたら税込価格を計算するのが大変で仕方ありませんけれども)。つまり今回の消費増税の最大の不満点というか、みんながめんどくさくてイヤだと思っている理由は、複数税率にあるわけです。

複数税率になってしまうおかげで、複数税率にかかわる商売をしているお店はみんなレジを替えないといけないし、記帳に関しても経費をいちいち消費税率ごとに分けて記帳しなければならなくなったりするわけです。そしてそれに対応するためには、決して少なくないコストや対応のための社員教育などが必要になります。

単純に税率が8%から10%になるだけでしたら、今まで3%→5%、5%→8%と変わってきたのと全く同じことなのでそれほど混乱もなかったと思いますが、複数税率という今まで日本では前代未聞の制度を導入することによって大きな混乱を生じているわけです。

・・とはいえ、一か月、数か月も経てば世の中のみんな複数税率には慣れると思います。特に事業者でない普通の消費者さんたちは、消費税が改正されたからといって自分たちが何か対応しなきゃいけないことというのはないわけですから、正直10月1日からだって困ることなんて何もないです。困ることはお財布から少し多めにお金が出ていくことくらい(笑)。

事業者さんだって、たぶん実際に10月1日から複数税率で記載されたレシートをスーパーで受け取れば複数税率というものがどういうものかということが体験的に理解できるようになりますので、きっと記帳などの面で対応できるのにはそれほど時間はかからないでしょう。

ただ今は導入前で、世の中の誰一人として複数税率のレシートなど受け取ったことがないので不安に駆られているだけなのです。なので、こうやって制度が導入されてしまう以上、とりあえずそれに乗って走っていくしかないのだと思います。走っていくうちにわかることもあるし、理解できることもあるでしょうし、そして一方問題点に気がついたり批判することも出てくるでしょう。それをあとで検証してよりよい制度に磨いていくしかないのでしょう。

今回の消費税増税に関しては、そうやって流れに流れていくしかないのだろうと正直思います。とりあえず、10月1日以降、皆さん戸惑いつつもこの制度に慣れていきましょう。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2903-92e21ce1

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード