FC2ブログ
税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税務・会計 > 入力の仕様を統一しろぉ~!!!  

入力の仕様を統一しろぉ~!!!

2018 - 03/11 [Sun] - 12:40

平成29年分の確定申告手続きもいよいよ追い込みに入ってきましたね。余裕綽々で過ごしておられる税理士さんたちもおられると思いますが、私は例年のようにテンパりながら仕事をやっています。

そこで、このテンパった状況にさらにイライラを募らせるようなことに関する不満を一つ書きます。

moyamoya-sukkiri01.jpg

それは税務申告ソフトと電子申告における文字の制限についてです。他の税理士の皆さんも少なからずご経験があると思いますが、税務ソフトのほうでは問題なく入力ができるのに、電子申告しようとすると「不正な文字です」とか「文字数が制限を超えています」というエラーメッセージが出て送信できないことってありますよね?

これ、例えば3月15日の夜11時くらいから「さぁて、ようやく終わったからたまった申告を全部いっぺんに提出するか!」なんてやるときに本当に大変なことになるんですよ。ある人の申告では名前の旧字体が引っかかってエラーになり、また別のある人の場合には不動産の譲渡明細書の記載文字数が引っかかってエラーになったりするわけですが、私が使ってる達人ではこのエラーを直そうとするとエラーの場所を特定してもう一度ソフトを起動して修正していかなければなりません。

これ、本当に困るし、手間かかるし、腹立つんですよね。もう今どき電子申告が当たり前の時代なんですから、ソフトのほうの仕様も最初から電子申告の仕様や制限に合わせておいてくださいよ。ヘタに入力できるようにしないでくださいよ。

いや、わかりますよ、世の中電子申告100%の税理士さんたちばかりじゃないので、ソフト側の仕様を全て電子申告に合わせることに異論があるということは。でも、入力して印刷するところまでなんの問題もできたのに、いざ最後の最後に申告を行おうとするとわけのわからないエラーメッセージが出てきて作業が大幅に中断されることのほうが遙かに影響大きいし、問題ですよ。

こんなの3月15日の夜中に申告してて、このエラーメッセージが出たおかげで申告の送信が15日の23時59分59秒までにできなくてお客さんに大きな損害を与えることがあったとしたら、ソフトメーカーさんはどう責任を取ってくれるんですか?ややこしい税理士なら税務ソフトメーカーを訴えますよ。(ウソ、私はややこしい権利主張に取り憑かれた左翼思想の人ではないので大袈裟に書いてるだけです(笑))

いや、でもソフトメーカーに少なからず文句を言いたくなるほど腹立つし、イライラするんですよ、これは本当に。ですから、電子申告の仕様と異なる文字数や字体で入力が最初からできないようにしっかりと制限をしてくださいよ。そうすれば電子申告する場面になってエラーメッセージに悩まされる、なんてことはなくなるわけですから。

特に私が使っているソフトは達人で、達人はNTTデータの製品。確か聞き及んでいる話では、NTTデータは国税庁の電子申告システムの製作も行っていたはず。それならばなおさら電子申告を行う際にスムースに処理が行えるようなソフトの仕様を心がけてソフトを作ってくださいよ。

もう本当にこれだけはマジで困るし腹立つんですから。各ソフトメーカーさんもよろしくお願いしますね、税務申告の電子化に協力する立場であるのなら、よりスムースに電子申告ができるような仕様で製品を作ってください。ホントお願いします。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2855-4f5246ae

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード