税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > ポケモンGOが犯罪の言い訳に使われるのでは?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンGOが犯罪の言い訳に使われるのでは?

2016 - 07/25 [Mon] - 19:20

日本でも配信されたポケモンGO、すごい人気ですね。街を歩いている人たちを見ても、心なしか歩きスマホの人が増えているような気がするのはきっとポケモンGOのせいでしょうね。しかし先日のブログにも書いた話ですが、まだ日本で配信されてから数日にもかかわらず、すでにいろんなところでポケモンGOのユーザーが問題行動を起こしています。

自転車、バイクや車を運転しながら警察から検挙・注意をされた人たちは想像以上に早く報道されましたし、高速道路に歩いて入った人や立ち入り禁止の場所を不法侵入しようとした人たちもいます。このままゲームを行う人が増えてくれば必ずエスカレートして重大な事故を起こしたり、事故に巻き込まれる人たちが出てくると思います。

そうやってゲームに熱中している人が様々な事件、事故を起こすことも心配なのですが、それと同時にこうやって不法侵入で問題行動を起こす人がいることが報道されてきますと、ポケモンGOを都合良く利用する人も出てくるんじゃないかと別の意味で危惧するんです。

それはどういうことかと言いますと、たとえば他人の住居や公的な建物などへの不法侵入、泥棒、のぞき、ストーカー行為を行おうとする人たちが、他人に見つかったり警察に捕まったときに「ポケモンGOをやってきたらここに来てしまった」と言い訳するんじゃないかということなんです。ホントは最初から泥棒やのぞき、ストーカーをするためだけに不法侵入してきているのに、バレたときの言い訳のために手にはポケモンGOの画面が写っているスマホを持っているわけですね。

こういう人、今後絶対出てきますよ。だって「ゲームをしてたら知らない間に迷惑行為と勘違いされることをしてしまっていた。すみません」と言われると、多くの人もポケモンGOをやっている手前、「しょうがないな、気をつけろよ」とそのついつい犯罪者を許してしまうケースが少なくないでしょうからね。

でも犯罪者は最初から見つかったときの免罪符としてポケモンGOの画面をスマホに写しているだけですから、まさに狙い通り。だから許しちゃダメですよ、こんな人たちは。たとえ本当にゲームをやっていて他人の敷地や建物に入ったとしても、それは立派な不法侵入なんですから、すぐに警察に通報して捕まえてもらうか追い払ってもらうようにしなきゃいけません。他人の権利を容易に侵害する恐れのあるゲームだけに、知らないゲームユーザーがそのような行為を少しでも行っているところを見つけたら、啓蒙の意味も込めて「それは社会として許さない」という姿勢をすべての人が示す必要があるんじゃないかと思います。

なので、もしそのような怪しい人が手にスマホを持って普段他人が入ってこない場所に居たら、警察に連絡してほしいと思いますね。それを見過ごしていると、やがて他人が第三者の敷地に勝手に入り込んできたり、建物に入ってくることが当たり前になってしまい、その結果窃盗、のぞき、ストーカーといった重大犯罪が必ず増えることに必ずつながりますからね。

「あ、あの人はポケモンGOをやってる人だから許してあげよう」なんて決して思わないようにしてくださいね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2782-6b4c123f

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。