税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > 自動運転車はいたずらに注意  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動運転車はいたずらに注意

2016 - 07/25 [Mon] - 11:28

先日車を運転していて信号で待っていますと、ふと前の車の後ろのナンバープレートの左側にバックカメラが取り付けてあるのを見つけました。今時の車の多くはバックカメラがついていて、車庫入れするときとかの様子がナビのモニターに表示されるのでとても安全に車庫入れできますよね。あれ、すごく便利です。

でも、信号待ちしているときに前の車のバックカメラを見たときに私は別のことを考えていたんです。「そういや、確かに車庫入れするときには便利なんだけど、これ、誰かがイタズラでカメラのレンズをマジックで黒くしたり、シールとか貼られたら運転してる人は困るだろうなぁ」と(笑)。

これ、想像してみてもわかりますけど、いざ車庫入れしようとしてギアをバックに入れてもナビのモニターに映し出される画面は真っ黒なまま(笑)。これ困りますよねぇ。あまり話には聞いたことはありませんけど、これ、結構やられると堪えるイタズラですよね。しかもカメラのレンズをマジックで黒く塗ったりシール貼るだけですから、端から見ただけではイタズラされたようには全く見えません。

で、これからの時代には自動ブレーキや自動レーンキープなどといった自動運転車が街中を走るようになってくるわけですが、これらの車の動きを制御するセンサーってシールを貼られたりしても大丈夫なんですかね?音波センサーなどは大丈夫かも知れませんが、カメラでセンシングしているような車の場合、そのカメラにイタズラされたらどうなるんでしょうか??

自動運転車って、今からの高齢化社会のことを考えたらすぐにでも実用化させる必要があるほど大切な技術なんですけど、しかしセンサーがすべてをコントロールしているだけに、もしそのセンサーが何かの原因できちんと作動していなかったらとんでもないことになっちゃうんじゃないかと思ってしまうんですよね。

まあ、私自身が自動運転車の制御システムについてあまり詳しくないのでトンチンカンかも知れませんけど、でも結構光センサーとかカメラを使ってセンシングしていることもあると思いますので、光を遮断されたりするととたんに動かなくなっちゃうことって増えるんじゃないかと思うんですよね。

そうなってくると車の各センサーがきちんと動作しているかどうかの確認を運転手自身がチェックする必要があるんですが、現実的にそんなことができるでしょうか??そんな知識と作業ができる人ばかりが自動運転車に乗るのでしょうか??

自動運転の技術が進んで、世の中のすべての車が自動運転で走ることができれば夢のような移動手段になるわけですが、そのためにはこういったセンサーのメンテみたいな問題も出てくるんですよね。冒頭に書いたようにセンサー部分にイタズラされる危険性だってあるわけですしね。

そう考えていくと自動運転車はこれからの社会では間違いなく実現化が待たれる技術なんですが、それに頼り切ってしまって信じてしまうことの恐ろしさ、というものも同時にあるということを私たちもしっかりと認識しておく必要があるんじゃないかと思っちゃったんですよね。

ま、とりあえずはバックカメラにいたずらするような輩が出てこないことを願います(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2781-4af080b2

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。