税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 経営・ビジネス > トヨタでは在宅勤務を拡充へ  

トヨタでは在宅勤務を拡充へ

2016 - 06/15 [Wed] - 11:45

日本の、そして世界でもリーディングカンパニーの一つでもあるトヨタが在宅勤務の拡充を行うようですね。

トヨタの「在宅勤務」拡充が大騒ぎされる理由

少子高齢化が進んでいく日本にあっては、若い人たち、特に女性の子育てと仕事の両立をいかに実現させるかということがとても大きな課題です。その大きな解決策になると期待されているのが在宅勤務ですよね。

仕事の内容によっては在宅勤務で完結してしまうような仕事って世の中にたくさんあります、実は。トヨタの場合に関していえば、もちろん自宅で車を作ることはできませんので(笑)、工場勤務の方たちは出社せざるを得ないと思いますが、しかしホワイトカラーの方たちに関していえば結構在宅勤務でもできる仕事って多いのではないでしょうか。

大企業での仕事を離れてから長いので、今どきの企業がどのような業務の進め方を行っているのか詳しくは知りませんけれども、基本的にはパソコンなどのデジタル端末を使ってメールやテレビ通話でコミュニケーションをはかり、クラウドなどを利用したデータサーバーにアクセスして資料を見ながら仕事を進めていっているのではないかと想像します。

ペーパーレスを実現させていけば、基本的に仕事はどこにいてもできるようになるはずなんですよね。とはいえビジネスはロボットではない生身の人間が行っていることなので、お客さんなどとの打ち合わせなどは顔を突き合わせたほうが何かとビジネス上のメリットがあります。しかしそれ以外の多くの部分は今のデジタル時代の中ではどこでも仕事ができるのではないかと思います。

トヨタが在宅勤務を率先して導入することによって、日本での在宅勤務に対する認識が高まってくれるといいですね。もちろん機密情報などの安全性の問題が付きまといますので、誰でも彼でも在宅勤務にすればよい、というものではないと思います。そのあたりの人の面とデータの面から見たセキュリティ対策がしっかりと維持できるのであれば、これからの時代は在宅勤務を大いに推進すべきではないかと個人的には思いますね。

以前から何度もこのブログに書いていますように、私たち税理士の仕事なんてものも在宅勤務にぴったりな仕事なんですよね。正直言って、普段の税理士の業務なんて事務所で顔を突き合わせてやらなければならない理由なんてほとんどないと思っています。もちろん職場のコミュニケーションを図る意味においては一つの職場に集まって仕事をする意味というのはあるのですが、逆に言えば、そこを除外すれば税理士の仕事なんて在宅勤務でほとんどのことは片付けられるはずなんですよねぇ。

税理士法云々とか、そんな昔ながらの縛りがあることはもちろん承知していますが、はっきり言って今の時代の速い流れの中においては、古い仕事の進め方に固執することは非常に危険で、自ら率先して変わっていこうとしなければ業界自体が消滅してしまう恐れすらあります。うちの事務所では強力にペーパーレスを進め、そしてそのデータを外部からもアクセスできる仕組みを作ることによって在宅勤務が可能な状況を作っています。実際に在宅勤務で処理を行ってくれる人がすでに何人かいます。

もうそんな時代なのではないでしょうか?わざわざ時間をかけて職場まで出勤すること自体が無駄な職種って世の中にはあると思うんですよね。連絡やコミュニケーションは電話やライン、スカイプやパソコンのリモート操作を使えばほとんど問題ありません。あ、まだやったことがない方には一つご提案ですが、例えば税理士事務所で所長が全職員のパソコンをリモート操作で見られるようにしておきますと、各職員からの質問などがあったときに所長がその職員のパソコンにリモートアクセスして同じ画面をそれぞれの席にいて確認しながら打ち合わせをすると、ものすごくわかりやすいし効率がいいんですよ。

これはお客さんに対しても同じことが言えますので、まだやったことがない税理士さんはぜひ一度やってみてください(笑)。また新人職員を教育する際にも、ソフトの操作方法の説明から、仕訳処理の指導まで、このシステムを使えばものすごく効率よくできるんです。わざわざ禿げて脂ぎったオッサンの上司が若い女子のすぐそばに出向いて顔を突き合わせながら同じ画面をのぞき込んで仕事を教える、なんて若い女子から嫌われる気色悪いことをしなくて済みますよ(笑)。

いや、そうやってシステムを工夫してうまく活用していきますと、実は在宅勤務をしていてもかなり密な意思疎通ってできるようになるんですよね。だから要は、道具とシステムは使いよう、なんです。どうやってうまく使うか、ということが大切なのであって、よそがやっているから真似しよう、とか、逆にセキュリティが心配だからうちは絶対やらない、というだけではダメなんです。

今回のトヨタの在宅勤務拡充の話、世の中の働き方が大きく変わるきっかけになるといいですね。そして税理士法も見直されて、在宅勤務が当たり前の事務所を前提としたものになると喜ばしいですね。何事も時代に合わせて変わっていかなければね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2749-11034109

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード