税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税務・会計 > 税はまさに国家、政治  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税はまさに国家、政治

2016 - 06/05 [Sun] - 23:59

最近の消費税増税延期の動きなどを見ていましても、税はまさに国家そのもの、政治そのものだなぁ、と思いますね。そりゃそうですよね、国の成り立ちから考えてみれば、税というものは支配者が支配している被支配者から巻き上げる金品にほかなりませんからね。

そりゃあ、最近の租税論でこそ「会費説」だのなんだのと「支配者としての権力からの搾取」というイメージを薄めようという民主主義的立場に立った学説も唱えられていますが、根本を考えてみれば税金は支配者がその権力が及ぶ地域の被支配者から巻き上げる金品に他ならないんで、そりゃあ今の時代においても「税は国家そのもの、政治そのもの」に変わりありません。

そう、今回の消費税増税延期についても、時の最高権力者である政府自民党の総裁である安倍晋三氏の胸三寸によって決定されている話ですからね。そしてなぜそれが延期されているか、と言えば、もちろん景気をこれ以上冷え込ませてはならない、という理由もありますが、それ以上に自らの権力基盤を維持強化させるため、すなわち選挙で勝てるために先送りしているという側面が決して少なくないわけです。

これはまさに「税は国家、税は政治」ということを表現しています。もとより、各税法の変更は国会によって決定されるわけですから、「税は国家、税は政治」ですよね。もちろん本当に税制の詳細をコントロールしているのが財務省とか時の有力企業とか、様々な要因があることは間違いありませんが、しかしそのような要因が政治的に政治家を動かした結果税法が決定されるわけですから、やはり「税=政治」です。

まあ、それはそれとしまして、今回の消費税先送りについてですが、安倍総理は当然次の参院選で議席を増やすためにそのような判断を下したことは間違いないわけですが、しかし総理の思惑通りに事が運ぶでしょうか??

前回、消費税10%への増税を先送りした際の衆議院解散の際は、明らかに増税先送りが大きな要因にもなって与党は大勝しました。しかし今回の二度目の先送りはどう選挙を左右するでしょうか??

もちろんいろんな見方があるとは思うんですが、私個人の見方からしますと、正直言って二度目の増税延期はナシですねぇ。これは禁じ手と言いますか、反則のように思えますね。だって前回の衆議院選挙の際に、安倍総理自身が「次回増税の際には景気条項は付さずに必ず増税する」と明言していたわけですからね。今回の増税延期はその公約を自ら反故にしてしまうことであり、しかも反故にするだけの大きな要因があったわけでもないのにやっちゃうのですから、かなりマズいんじゃないでしょうかね。

はっきり言ってしまえば、今回の消費税増税先送りの判断は、有権者からの安倍総理、安倍政権に対する信頼を失わせる大きな理由になるんじゃないかと思っています。私自身、旧社会党、旧民主党、のひどい政治を目の当たりにしたこともあって、日本の政治を任せられるのは消去法的に自民党しかいない、と思っていますし、安倍政権自体もこまかいところは別にしてそれほど悪くないと思っていますが、そんな私から見ても、今回の消費税増税はあまりに選挙を意識しすぎた判断で、しかも延期する理由付けが弱すぎます。

それよりなにより、安倍総理自身の言葉の軽さを感じさせますね。そりゃ、政治家のやることですから多少の朝令暮改があっても驚きませんし、状況によって判断を変えることはあってしかるべきだとは思います。でも今回の消費税増税延期は、安倍総理が大きな約束を二つも破っていることから、彼自身の政権運営、経済対策に対する信頼を大きく損ねるんですよね。

まず一つは先ほども書きましたように、前回の消費税増税先送りの際に「次の増税は何があっても延期しない。景気の状況がどうあれ、必ず約束通り増税させる」と言っていたにもかかわらず、あっさりとそれを翻したこと。そしてもう一つはアベノミクスが結果的にほとんど効果を表していないことですね。

この二つは密接に関連しているんです。だってアベノミクスが成功して中小事業者までを含めた日本全体の景気の底上げができていれば、消費税10%への増税は行えたはずですからね。消費税の増税を安倍総理自らの判断で再度先送りにする、ということは裏を返せれば「アベノミクスは成功を収めていない」ということを自ら認めているのと同じことになるんですよね。

つまり、安倍総理は約束を二つ破っているだけでなく、そうやって約束を破ることによって自らの経済政策の失敗を公に認めてしまっているのです。だってアベノミクスがうまくいっていれば、消費税は10%に約束通り上げられたはずですからね。

前回の衆院選の時に消費税10%への増税を先送りした際は、それでも多くの有権者は「確かに消費税を8%に増税してから景気は目に見えて悪化したから当初の予定通り10%に増税するのは危険すぎる。1年半増税を先送りすることによって、その間に安倍さんは景気対策に大ナタを振るってきっと景気を持ちなおしてくれるかもしれない。そこに期待しよう。」と好意的に捉え、安倍総理の判断に賛成し、選挙で与党を大勝させたと思うんですよね。

でも今回は二度目なんで、前回の衆院選の時とは有権者のとらえ方は全く違うと思うんですよね。つまり、「前回の衆院選の時は安倍総理の言葉を信じて増税を先送りし、アベノミクスの成功を信じて待った。でも結局消費税10%増税のタイムリミットまで1年を切ってもよくなるどころか悪い状況は一向に改善されていないじゃないか。安倍総理は国際的経済環境の悪化などを理由に消費税10%の増税をもう一回先送りすると言っているけど、それは自分の政策が失敗したことをうやむやにしようとしてるだけじゃないのか?もう安倍総理の言っている言葉は信用できない。」と捉えられるんじゃないかと思うのです。

私自身、安倍総理のことは応援していますし、頑張ってほしいと願っていますが、今回の消費税増税再延期に関してはいい印象を持っていませんね。だってそもそも消費税の増税は来るべき少子高齢化社会の到来による医療・福祉にかかるコスト負担によって財政がボロボロになることを防ぐために必ずやらなければならないものだと説明されてきていたわけですからね。

そんな重要な増税を、しかもまだ自民党が旧民主党政権下の野党であった時代に時の野田総理と安倍さんが約束をした話を、そんな簡単に自分の判断でコロコロと先送りさせちゃいけないんじゃないでしょうかねぇ。もし消費税増税を先送りさせるのであれば、当初の約束通り消費税増税をできなかったこととアベノミクスが期待通りに機能しなかったことの二つの失政の責任を取って安倍総理は辞任するのが筋だと思いますね。

ええ、自民党と安倍総理を基本的に支持している私でも今回の件についてはそう思いますね。日本の状況を見ていれば本当に難しい状況であったことは重々承知していますので反政府主義の方みたいに安倍政権の失政に対する怒りは感じていませんが、しかし約束を守れなかったのは事実なんですから、今回の消費税増税延期でその失政を自ら認めるのであれば、その責任は何らかの形で取るべきだと思いますね。

自分は何の責任を取らないのに、消費税増税を延期して国の財政再建のチャンスをさらに後の世代に先送りさせるというのはあまりに安易な選択ですし、そうすることで次の参院選では有権者が与党にたくさん投票してくれるだろう、と私たち自身が甘く見られてることもなんか釈然としませんね。

まあ前回の衆院選大勝のせいで、安倍総理自身の政権運営に対する危機意識は相当緩んでしまったんでしょうね。「どうせ安倍自民政権以外に有権者が政権を任せられる政党も党首もいない」と思い込んでいるのでしょう。もしそうであるならば、それは思い上がりすぎですね。

皆さんは今回の消費税増税延期をどう捉えますかね?「いや、今の日本の景気を考えたら、その判断は正しいので安倍総理を支持する」とお考えになりますか、それとも「そりゃあ、この状況で消費税を上げられたらたまらないんで消費税増税延期はいいと思うけど、だけど安倍さんは結局何も約束が守れていないんだからダメなんじゃないの?」とお考えになりますか。

今回安倍総理が下した消費税増税延期というカードは、かなり安倍総理にとって危険なカードだったと思いますね。有権者の多くはもちろんそのことによって喜ぶでしょうけれども、しかしその喜びが必ずしも安倍政権支持に跳ね返ってくるわけではない、というギャップを重大に受け止める必要があるんじゃないかと感じますね。

来年の4月の増税を約束通り行って、その後の経済を必死で立て直し、失敗したら退陣、あるいは増税を先送りさせるならその時点で退陣、という路線で行くことが安倍総理と自民党に対する信頼を維持する意味でもよかったのではないかと思うんですが・・。それくらいの国のリーダーとしての男気を見せてほしかったですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2745-a63bff1f

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。