税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税務・会計 > 消費税増税は再延期へ。  

消費税増税は再延期へ。

2016 - 06/01 [Wed] - 19:53

結局事前の報道の通り、安倍総理は消費税の10%への増税を先送りすることにしたようですね。

<安倍首相>「消費増税再延期」表明…「参院選で信を問う」

そして国民になにを持って信を問うのか、という部分に関して言えば、参院選での結果を持って国民の支持をはかりたいようです。ということは、与党の改選後の議席が増えれば信任、減れば不信任、ということになるということなんでしょうね。まあ消費税増税先送りを選挙に都合よく使っているような気もしないでもありませんが、まあ、そこは政治ですからうまくやってくれればそれはいいです。

これが与党にとって吉と出るのか凶と出るのかは、今のところよくわかりません。中小事業者などを中心にして「なんだ、結局アベノミクスなんて全然ダメだったじゃないか。だから消費税を上げるの止めるんだろう?都合よすぎじゃないの?本来ならアベノミクスが実現できなかった責任を取るべきじゃないの?」という声が高まって消費税増税に対するとらえ方が逆効果になることもありえるからです。

そう、消費税が上がらないことには賛成するけど、だからといって決して安倍内閣を支持するわけではなく、むしろ失政を批判したい、と思う有権者の声が大きくなるのではないかという気もするわけです。

安倍総理としては参院選での勝利の切り札として消費税増税先送りを表明したところが大きいのでしょうが、実際の有権者の受け止め方としては、消費税増税先送りを都合よく選挙に利用しているだけじゃないか、と思われる部分が大きくなるかも知れませんね。そうなると安倍総理の思惑は全く外れてしまうことにもなりかねません。

ま、蓋を開けてみないとわかりませんね。鍵を握るのは世論が今回の消費税増税をどう受け止めるか、という一点ですから、その世論を形成するのにマスコミやネットの情報が大きく影響することが考えられますからね。これから参院選までの間にどちらに風が吹くのか、ということがポイントでしょうね。

さてそれはそれとしまして、消費税増税を先送りすることにして時間的な余裕が生まれるわけですから、10%に消費税がなって、そして同時に複数税率を導入するのであれば、今度こそ最初からインボイス制度を導入して欲しいですね。議論と制度設計をするための十分な時間はあるはずですから、あいまいでいい加減な消費税改革を行わないで、しっかりと世間に事前に制度の内容を認知してもらえるように努力して、そしてインボイスによる消費税の課税と申告が行われることをお願いしたいですね。

政治家の皆さんにとっては消費税なんて所詮政争の具的な扱いなのかも知れませんが、私たち税理士にとっては大変大きなイベントです。ですので、ぜひ次回に消費税が増税される時までにしっかりと制度を成熟させておいて欲しいと願います。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2743-e8198b05

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード