税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 自分が確認できる情報以外はむやみに拡散しないで!  

自分が確認できる情報以外はむやみに拡散しないで!

2016 - 04/18 [Mon] - 18:16

先週の週末に発生した熊本を中心とした九州中部の地震、本当に大変な事になっていますね。私自身阪神大震災の震度7地域に住んでいましたので、震度7とか6といった地震がどれほど凄いものであるかというのは実体験として知っているつもりではありますので、震度7だった地域や、立て続けに震度6に襲われた地域がどれほど生活するのに大変で、そして家屋倒壊などの危険性が在るかということに心を痛めますね。

大変だとは思いますが、例え自宅といえどもどうか危険な場所からは逃げて、いまはできる限り安全な場所で身の安全を確保していただきたいと願います。なによりも人生は命あってのことですから、なによりもご自身とご家族の命を大切にしていただきたいと願います。

で、東日本大震災のあたりから話題になっていたツイッター・フェイスブックによるこういった災害に関する情報の流通が、今回の熊本の大地震に関してもありますね。フェイスブックでも寄付を呼びかけるもの、物資の提供をよびかけるものから川内原発の稼動中止を政府に要請するものまで、ありとあらゆる震災関連の情報があり、それを拡散するユーザーによってより広範囲に情報が広がっていっています。

でもですね、以前にもこのブログに書いたことがあるのですが、よそから回ってきた情報を無条件に自分の知り合いに拡散することは本当にやめて欲しいと願います。なぜなら、その情報の中には正しい情報、善意の情報のフリをしたとんでもないデマ情報が決して少なくないからです。

そういった情報によって迷惑し、混乱し、傷つくのはなによりも被災地のまっただ中にいる人達なのです。周りの人たちはあることないことをおもしろ半分で拡散して楽しんでいればいいかも知れませんが、現地で実際に被害に遭っている方たちからすれば無責任な情報やデマを流されて余計な神経を使いたくないんですよ。迷惑なだけなんです。

今回の熊本に関する情報を見ていても、いい加減な情報をネットで見かけましたよ。それは「阪神大震災の時だって、ボランティアの女性たちが多数レイプされて大変だった」という情報。

確かに略奪、レイプといった事件が阪神大震災の被災地においてゼロだったとは私も思いません。そりゃああれだけ混乱した状況だったのですから多少はあったでしょう、明らかに非常事態の状況だったわけですから。

しかし「ボランティアに来た女性が多数レイプされた」という話なんて震災から20年以上経ちますが、私自身は一度も耳にしたことはありません。ただの一度も噂に聞いたことすらなかったので、そんな情報をこの熊本の震災に合わせて目にして驚いているくらいです。もし私が情報に疎くて知らないだけなのであれば、他の人に聞けば「ああそんな話知ってるよ」と言うんじゃないかと思ったのですが、他の人も「そんな話し聞いたことない」と言いますから、やはりそのようなことはなかったのだと思います。

いい加減なもんですよ、ネットの情報なんて。そりゃ震災の状況で「女性が多数レイプされた」と言えば尤もらしく聞こえますよ。でもたぶん実際にあったとしても、それはとても治安の悪い被災地域においてそのような事例が不幸にも起きてしまったのだろうと思いますし、正直言ってそういった地域は平時においてもレイプや痴漢は起きる場所なのですから、震災時においてそのような事件がたまたまあったからといって、さも「震災が原因でこんな事件が多発した」と尾ひれをつけて流布されるのはデマ以外の何ものでもないと思いますね。

そんな嘘の情報を世の中に流して何が嬉しいんでしょうねぇ。ですからね、例え善意であったとしても、ご自身が実際に目にして、体験した情報以外はこんな時期においてはツイッターやフェイスブックでむやみに他人の情報を拡散しないで欲しいんです。もう本当にこんなのはタダの「現代版不幸の手紙」ですからね。

日本人の民度が問われる、とかそんなたいそうなことは言いません(笑)。ただ、もし本当に被災地の方々のことを心配して下さるのであれば、余計な情報は拡散させないで下さい。もとより、私自身の体験から言っても震災地域以外の人に震災地域の実情なんて知る由はないのですから、被災地以外の方が被災地情報を一生懸命交換したり拡散して騒いでいること自体に意味はないんです、本当に。情報は被災地の方が一番知りたがっているんですし、被災地の方たちだけが知っていればそれでいいんです。

被災地以外の人たちは、ちゃんとしたルートからボランティアの要請や物資応援の要請があった時に、その要請に合わせてご自分ができることを行ってくださればそれでいいんです。募金にしても、いまのこの時期に胡散臭いNPOだかNGOだかよく分かんないようなところがSNSで情報を拡散しながら募金を呼びかけていますが、そんないい加減な募金先に募金なんかしないでください。どうせそんなの大半が「募金詐欺」なんですから。

募金は赤い羽根とか赤十字とか、そんなしっかりとした団体に行ってください。いい加減な民間団体に寄付したって、どうせそこの職員たちの飲み食いや臨時ボーナスの原資になるだけなんですから。駅前などにどこの団体なのか名乗りもしないでタダ募金箱だけ持って声を張り上げている連中がいますが、あんなのほとんどが嘘っぱちですからね。

とにかく、被災地の方たちはもちろんのこと、被災地以外の方たちも、ご自分達が「正しい」と思える情報だけを信用して行動してください。そしてむやみに無責任なデマの拡散に決して手を貸すことがないように、どうかよろしくお願いします。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2725-68886005

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード